メインメニューを開く

ヴォルカ鹿児島(ヴォルカかごしま、Volca Kagoshima)は、かつて存在した社会人サッカーのクラブチーム。鹿児島県鹿児島市を本拠地としていた。FC KAGOSHIMAと共に、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する鹿児島ユナイテッドFCの前身となったクラブである。

ヴォルカ鹿児島
原語表記 ヴォルカ鹿児島
クラブカラー     
創設年 1959年
解散年 2013年
ホームタウン 鹿児島県鹿児島市
ホームスタジアム Kamoike kyougijyou 2.jpg鹿児島県立鴨池陸上競技場
収容人数 19,934
運営法人 株式会社KAPS
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社KAPS
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
892-0846
鹿児島県鹿児島市加治屋町9-6
トヤマ薬品ビル403号
設立 2011年
業種 サービス業
事業内容 スポーツクラブ運営
代表者 上山寛
テンプレートを表示

目次

歴史編集

1959年、「鹿児島サッカー教員団」という鹿児島県教育委員会所属教職員のサッカー部として創設。

1973年、同年より創設された九州サッカーリーグに所属。なお、一度も都道府県リーグに降格することなく在籍した。

1995年、将来の全国規模のリーグ戦参加を目指す方針となりクラブチームに移行した。なお、クラブ名のヴォルカ(Volca)はフランス語で火山を意味する「ヴォルカン」(volcan)を由来にしており、鹿児島のシンボルの一つである桜島をイメージしている。また、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)参入を目指すことを表明した。

2003年、「2010年からのJ1参戦」を目指しSPONET鹿児島を設立。監督に前田浩二、コーチに内藤就行野田知を現役選手兼任で招いた。2003年には前田浩二らを招集しセミプロ集団として数年を戦ったが、プロ選手への給料の遅配が発覚しプロ選手はクラブを離れた。ヴォルカはこの時の経験を「前田氏の残したノウハウ」[1] とし度々言及しチームの基盤だとしている

2005年、スポンサーの目処がつかず、さらには法人化計画の遅延から資金難に陥っていることが発覚。SPONET鹿児島は解散。新たに運営団体として松澤隆司を議長とする「ヴォルカ鹿児島評議会」を立ち上げる、評議会の人員構成は9名のみで構成されていた。

2007年11月までにクラブを法人化することを目指していたが、法人化に失敗しヴォルカ鹿児島評議会を解散。

2008年からは新しく運営団体を「KAPS(Kagoshima Arcadia Project Sports)」とし、JFL昇格を目標にシーズンを戦うこととなった。

2010年、前田浩二の復帰が発表された[2] が、2012年アビスパ福岡の監督に就任することになり、ヴォルカを退団した。

2010年4月、2011年にJリーグ準加盟申請を行う事が公式ウェブサイトにて明らかになった[3]

2010年12月、2012年のプロクラブ化、2014年のJ2加盟を目標に掲げる。それに伴い、2011年に新たなチーム名の公募とJリーグ入りに対する署名活動を行うと発表[4]。また、2011年の法人化と、2012年のプロチーム化、2014年にJリーグ入りを果たすことを目指すとし[4]、2013年よりチーム名を変更する予定であった。

2011年2月、クラブが法人化。

2012年6月、クラブ新名称応募締め切り。

2013年、7月1日に2014年の準加盟申請を断念した事を発表した[5]。理由は、Jリーグ側よりFC KAGOSHIMAとの一本化を求められていたが、協議が難航して期日までにまとまらなかったからである[5]

2013年8月、2014年よりFC KAGOSHIMAと統合した上で、将来のJリーグ入りを目指すことで合意したと発表した。

2013年12月2日、FC KAGOSHIMAと統合後の新チーム名を「鹿児島ユナイテッドFC」とすることが発表、2014年度から活動を開始することとなり、同時に、本年を持ってヴォルカ鹿児島としての活動は終えた。この鹿児島ユナイテッドFCは登録上は「ヴォルカ鹿児島と合併したFC KAGOSHIMAが名称を変更した」という形になっているため[6]、前身の鹿児島サッカー教員団から数えて54年のクラブ活動に名実ともに幕を下ろした。なお、鹿児島ユナイテッドFCは12月4日のJFL理事会にてJFL入会が承認された。

スローガン編集

  • 2011年 「~本気~」。

過去の成績編集

鹿児島サッカー教員団時代編集

九州サッカーリーグ参加後のみ

  • 1973年 3位
  • 1974年 優勝
  • 1975年 4位
  • 1976年 7位
  • 1977年 8位
  • 1978年 5位
  • 1979年 3位
  • 1980年 6位
  • 1981年 4位
  • 1982年 2位
  • 1983年 4位
  • 1984年 3位
  • 1985年 2位
  • 1986年 優勝
  • 1987年 7位
  • 1988年 6位
  • 1989年 8位
  • 1990年 4位
  • 1991年 9位
  • 1992年 9位
  • 1993年 9位
  • 1994年 6位
  • 1995年 5位

ヴォルカ鹿児島時代編集

年度 所属 順位 勝点 試合 PK勝 PK負 得点 失点 天皇杯
1996 九州 3位 33 16 10 1 1 4 37 21 16 2回戦敗退
1997 2位 41 18 12 1 3 2 50 19 31 県予選敗退
1998 2位 34 18 9 3 1 5 47 35 12
1999 6位 23 18 7 1 0 11 48 43 5
2000 4位 31 18 10 0 1 7 44 28 16
2001 3位 37 18 11 1 2 4 51 34 17 1回戦敗退
2002 2位 59 18 14 1 0 3 59 31 28 1回戦敗退
2003 2位 51 22 15 2 2 3 50 18 32 1回戦敗退
2004 3位 38 18 12 1 0 5 41 26 15 県予選敗退
2005 5位 33 18 10 1 1 6 49 26 23
2006 4位 30 16 10 0 0 6 45 27 18
2007 5位 33 20 10 1 1 8 58 36 22
2008 5位 28 18 8 0 4 6 32 29 3 2回戦敗退
2009 2位 36 16 11 0 3 2 43 23 20 県予選敗退
2010 2位 38 16 12 1 0 3 52 18 34
2011 3位 37 18 10 2 3 3 37 12 25
2012 2位 46 18 14 2 0 2 63 16 47 2回戦敗退
2013 優勝 48 18 15 1 1 1 76 13 63 県予選敗退

歴代監督編集

(注) 恒松は「リーダー(プレイングスタッフ)」という肩書きで登録されており、「クラブの公式な」監督としては扱われていなかった。これは恒松が就任した2005年以後、クラブの方針として登録選手の中から1名をリーダー(プレイングスタッフ)とすることにしていたためだが、日本サッカー協会のチーム登録上は、「名目上の」監督登録を付けることが義務付けられており、「事実上のクラブ公式」監督だった。

歴代所属選手編集

GK編集

DF編集

MF編集

FW編集

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) グレー
FP(2nd)
GK(1st)
GK(2nd) 水色 水色 水色
 
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
 
GK 2nd

クラブカラー編集

黒をチームカラーとしており、公式ホームページには県民に愛されることを目的に、地域の特色と特性生かした黒をチームカラーとすると書かれている。また鹿児島には、黒豚・黒毛和牛・黒酢・黒砂糖・焼酎(黒麹)・アマミノクロウサギなど「黒」を特色とした特産物が数多くあること。さらには黒色が持つ「力強さ・団結」がチームの掲げる一体感にマッチすると書かれている[7]

サプライヤー編集

  • (株)コムシステム

スポンサー編集

脚注編集

外部リンク編集