メインメニューを開く

一丸 安貴(いちまる やすたか、1972年4月13日 - )は、愛知県一宮市出身[1]競輪選手2011年4月より、日本競輪選手会愛知支部の支部長に就任した[2]

日本競輪学校(以下、競輪学校)第70期生。師匠は塚崎眞吾(競輪学校第38期生)。ホームバンクは一宮競輪場

実兄の一丸政貴(競輪学校第69期生)は元競輪選手。

来歴編集

愛知県立一宮工業高等学校[1]を経て競輪学校第70期生となる。同期在校競走成績は75勝を挙げて第1位。

1992年8月17日大津びわこ競輪場でデビューし、初勝利も同日。

2011年7月19日現在、GIで4回の決勝進出歴があり、2001年日本選手権競輪松戸競輪場)では3位、2004年寛仁親王牌前橋競輪場)では2位に入った。

2006年小松島競輪場で行われたふるさとダービー決勝戦で、競輪学校同期の志智俊夫マークから直線抜け出し優勝した[3]

参考文献編集

  1. ^ a b 中日新聞尾張地域面2009年12月10日付記事
  2. ^ 選手会愛知支部長に就任されました - きらりんのキラ散歩!ブログ 2011年4月24日付記事
  3. ^ ふるさとダービー小松島決勝競走成績 - KEIRIN.JP

外部リンク編集