三つで五百円

三つで五百円
西条ロックシングル
B面 ぼろぼろです親父さん
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル ポリドール・レコード
作詞・作曲 作詞: 山田孝雄 / 作曲: むつひろし
テンプレートを表示

三つで五百円」(みっつでごひゃくえん)は、西条ロック[1]の歌。

概要編集

オリジナルは1975年10月発売。歌手の西条ロックは関西で歌謡漫才芸人として活躍していた人物。作詞・作曲は前年に大ヒットした「昭和枯れすゝき」(さくらと一郎)と同じコンビが担当した。曲はいわゆる「流し」の歌手が、妻にも逃げられ生活が立ち行かない状況の中で「3曲で500円」で客を探すという内容となっている。

しかし発売早々、歌詞に「あんま」という言葉が登場することが問題視され、民放連要注意歌謡曲指定制度の対象曲となってしまい、テレビ・ラジオでのオンエアが事実上不可能になってしまう[2][3]。このためメディアでの宣伝が全く行えず、レコードの売上も低迷した。

2007年にはPヴァイン・レコードコンピレーション・アルバム『THE BEST OF 幻の名盤解放歌集 「王道」でも、やるんだよ!』に収録され初のCD化が実現した。

2016年10月7日ひるのいこいNHKラジオ第1)で曲が放送された。[4]

三つで五百円〜望郷編編集

三つで五百円〜望郷編
英二郎シングル
B面 男なら〜平成節
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル ウェブクウ
作詞・作曲 作詞: 山田孝雄 / 作曲: むつひろし
テンプレートを表示

三つで五百円〜望郷編(みっつでごひゃくえん ぼうきょうへん)は、英二郎の歌。

原曲で問題とされた歌詞の「あんま」の部分を、本バージョンでは「肩もみ」と変更することで放送禁止となる事態を回避している。2009年8月26日付の有線放送リクエストチャートで1位を記録したと報じられた[2]

ちなみに歌手の「英二郎」の正体は、ものまねタレントの英二である。当初レコード会社のウェブクウでは西条ロック本人による再レコーディングを希望したが、本人の消息がつかめなかったため(一部には2002年頃に既に亡くなっているとの情報もあるが定かではない)、英二に白羽の矢が立てられたという[2]

「三つで五百円〜望郷編」は西方裕之がカバーし、2011年レコチョク着うた演歌チャートでトップ10圏内にランクインされた[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1941年生まれ。1959年に漫談家としてデビュー。音楽ショウフォアダッシュのメンバーとして活動。「オーサカ・オールナイト 夜明けまでご一緒に」(ラジオ大阪)等ラジオDJとして活動していた。
    出典:「現代上方演芸人名鑑」(少年社、相羽秋夫、1980年
  2. ^ a b c 東京中日スポーツ・2009年8月27日付 16面
  3. ^ ただし「放送禁止歌」(森達也著、光文社文庫、2003年)pp.70 - 71に収録されている要注意歌謡曲リストには曲名がない。
  4. ^ ひるのいこい 曲目リスト
  5. ^ あの気持ち悪い放送禁止歌「三つで五百円」が、またもやヒット中、BARKS音楽ニュース、2011年2月25日 13:00:00。