三叉学舎(さんさがくしゃ)は、1868年明治元年)に蘭学者箕作秋坪が、江戸の浜町(現在の東京都中央区日本橋蛎殻町)にあった津山藩江戸中屋敷の一角を借りて開いた私塾[1]。塾名の「三叉」は、津山藩中屋敷の一方が隅田川に接し、箱崎町の旧土佐藩邸と隅田川支流の水を隔てて相対し、三つの川が同所で接していたことに由来している[2]三汊塾とも

概要編集

箕作秋坪は明治政府から召し出しを受けたが辞退し、1868年に家督を長男の奎吾に譲り44歳で隠居し、自由な身になって三叉学舎を開いた。なお箕作家は累代の津山藩士であったが、奎吾は幕臣に転じたため、三男の佳吉が津山藩に仕官している。

三叉学舎では、主に漢学や数学、そして英語が教えられた。数百人の子弟が参集し、箕作秋坪の学識が高邁なのはもとより、これを助けた奎吾も17歳にして1年半の外遊を経て同年に帰国したばかりで、イギリス仕込みの人望もあって、大いに人気を博した。幕末にはオランダに代わって、アメリカやイギリスなどの国が台頭し、英語の習得が急務になっていたことから、それにいち早く気づいた秋坪は同年6月に英語を課目に加えた。明治維新期の東京には英学塾が数か所開設されており、その一つが1865年慶応元年)に福澤諭吉が開いた慶應義塾で、当時、三叉学舎と慶應義塾は「洋学塾の双璧」と称され、いやしくも洋学を志すものは、このいずれかの塾の門を叩いたと言われる[2]。三叉学舎がいつまで存続したかは明らかではないが、1879年 - 1880年(明治12年 - 13年)に在籍していたという塾生の回顧録があり、そのころまでは続いていたと思われる。

著名な在籍者編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 秋坪が開いた三叉学舎”. 津山洋学資料館. 2021年2月24日閲覧。
  2. ^ a b 治郎丸憲三 1970, p. 146.

参考文献編集

  • 治郎丸憲三 『箕作秋坪とその周辺』箕作秋坪伝記刊行会、1970年。