日本橋蛎殻町

東京都中央区の地名
日本 > 東京都 > 中央区 > 日本橋蛎殻町

日本橋蛎殻町(にほんばしかきがらちょう)は、東京都中央区町名。現行行政地名は日本橋蛎殻町一丁目および日本橋蛎殻町二丁目。郵便番号103-0014[2]

日本橋蛎殻町
旧東京穀物商品取引所所在地付近
東京穀物商品取引所所在地付近
日本橋蛎殻町の位置(東京23区内)
日本橋蛎殻町
日本橋蛎殻町
日本橋蛎殻町の位置
北緯35度40分54.53秒 東経139度47分0.62秒 / 北緯35.6818139度 東経139.7835056度 / 35.6818139; 139.7835056
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Chuo, Tokyo.svg 中央区
地域 日本橋地域
人口
2019年(令和元年)9月1日現在)[1]
 • 合計 5,236人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
103-0014[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 品川

地理編集

東京都中央区のうち、旧日本橋区に当たる日本橋地域に属する。北で日本橋人形町、東で日本橋浜町、南で日本橋箱崎町、西で日本橋小網町と接する。江戸時代からの商業地で、醤油瀬戸物問屋が多く残り、関連企業の本社や会館も所在する。日本橋久松町に所在する久松警察署と、日本橋兜町に所在する日本橋消防署の管轄。

歴史編集

「蛎殻町」との地名は江戸期から存在した。当時の蛎殻町の町域は、現在の日本橋蛎殻町の町域に加えて、現在の日本橋人形町の一部を含むものであった。日本橋区が設置された1878年においては、蛎殻町一丁目から三丁目までの丁目が設けられていた。蛎殻町は、旧:日本橋区の区役所所在地であり、現在も同地は、日本橋区民センター・区役所日本橋特別出張所となっており、区役所業務の一部を行っている。

旧:日本橋蛎殻町は1876年明治8年)に米穀取引所が置かれ、大阪堂島とともに米相場の中心となって発展した。米穀取引所は1939年(昭和14年)全国の米穀取引所と共に廃止された。その後、米穀取引所の跡地には、商品先物取引を取り扱う東京穀物商品取引所が設けられ、取引所仲買人・商品先物取引業者のオフィスが周辺に多く存在した。近在の鎧橋を挟んで、証券取引の街である兜町と対比される形で、商品先物取引の中心たる街の色彩が強かった。

2011年に東京穀物商品取引所が取引を停止した後は、住宅の都心回帰の動きにより、オフィスビルがマンションに姿を変えるなど、街のカラーは、やや変わりつつある。

世帯数と人口編集

2020年(令和2年)4月1日時点の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
日本橋蛎殻町一丁目 2,273世帯 3,808人
日本橋蛎殻町二丁目 962世帯 1,439人
3,235世帯 5,247人

各年4月1日現在の蛎殻町町域の世帯数と人口の推移は以下の通りである。

世帯数 人口
2020年(令和2年) 3,235世帯 5,247人
2010年(平成22年) 2,181世帯 3,593人
2000年(平成12年) 1,132世帯 2,156人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[4]

丁目 番地 小学校 中学校
日本橋蛎殻町一丁目 7~16番[5] 中央区立日本橋小学校 中央区立日本橋中学校
その他 中央区立有馬小学校
日本橋蛎殻町二丁目 全域

施設編集

過去にあったもの編集

交通編集

鉄道編集

路線バス編集

道路編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 町丁目別世帯数男女別人口”. 中央区 (2019年9月3日). 2019年9月23日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月31日閲覧。
  4. ^ 区立学校一覧”. 中央区 (2017年8月17日). 2019年9月23日閲覧。
  5. ^ 町域のうち、新大橋通りの北側に所在する部分

外部リンク編集