原敬

日本の外交官、政治家

原 敬(はら たかし、1856年3月15日安政3年2月9日〉- 1921年大正10年〉11月4日)は、日本外交官政治家位階勲等正二位大勲位幼名健次郎(けんじろう)。一山逸山(いつざん)。「はら けい」と音読みが用いられるケースもある(原敬記念館、『原敬日記』など)。

原 敬
はら たかし
Takashi Hara formal.jpg
正装にあたる大礼服を着用した原
生年月日 1856年3月15日
安政3年2月9日
出生地 日本の旗 日本 陸奥国岩手郡本宮村
(現:岩手県盛岡市
没年月日 (1921-11-04) 1921年11月4日(65歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市麹町区
(現:東京都千代田区
出身校 司法省法学校中退
前職 大阪毎日新聞社長
所属政党 立憲政友会
称号 正二位
大勲位菊花大綬章
配偶者 原貞子(先妻)
原浅(後妻)
親族 中井弘岳父
原昌三(孫)
原圭(養子)
サイン HaraT kao.png

内閣 原内閣
在任期間 1918年9月29日 - 1921年11月4日
天皇 大正天皇

日本の旗 第22代 司法大臣(首相兼任)
内閣 原内閣
在任期間 1918年9月29日 - 1920年5月15日

日本の旗 第29代 内務大臣
内閣 第1次山本内閣
在任期間 1913年2月20日 - 1914年4月16日

日本の旗 第27代 内務大臣
内閣 第2次西園寺内閣
在任期間 1911年8月30日 - 1912年12月21日

日本の旗 第25代 内務大臣
内閣 第1次西園寺内閣
在任期間 1906年1月7日 - 1908年7月14日

その他の職歴
日本の旗 第16代 逓信大臣(内相兼任)
(1908年1月14日 - 1908年3月25日
日本の旗 第11代 逓信大臣
1900年12月22日 - 1901年6月2日
日本の旗 衆議院議員
1902年 - 1921年11月4日)
テンプレートを表示

外務次官大阪毎日新聞社社長立憲政友会幹事長逓信大臣(第1116代)、衆議院議員内務大臣(第252729代)、立憲政友会総裁(第3代)、内閣総理大臣第19代)、司法大臣第22代)などを歴任した。

郵便報知新聞』記者を経て外務省に入省[1]。後に農商務省に移って陸奥宗光井上馨からの信頼を得た。

陸奥外務大臣時代には外務官僚として重用されたが、陸奥の死後退官。その後、発足時から政友倶楽部に参加して政界に進出。大正7年(1918年)に総理大臣に就任。戦前期日本の貴族制度であった華族爵位の拝受を固辞し続けたため、「平民宰相(へいみんさいしょう)」と渾名された。

大正10年(1921年11月4日東京駅丸の内南口コンコースにて、大塚駅の駅員であった青年・中岡艮一に襲撃され、殺害された(原敬暗殺事件)。満65歳没。墓所は岩手県盛岡市大慈寺

足尾銅山の副社長にも就いていた[2]

生涯編集

生い立ち編集

明治3年(1870年)1月、盛岡藩の藩校作人館」に入った。翌年12月には上京し、藩の青年のために設立された学校「共慣義塾」に入学した。しかし盛岡の家が盗難にあい、学費に困った原は明治5年(1872年)4月、無料のカトリック神学校に移った。明治6年(1873年)4月には洗礼を受け、「ダビデ」の洗礼名を受けた。翌年から布教活動に加わり、1年間新潟に滞在した[3]

新潟から戻った原は明治8年(1875年)6月分家して戸主となり、平民籍に編入された。分家の理由ははっきりしないが、戸主となれば兵役義務から免除されることと関連があるのではないかと前田蓮山は指摘している[4]。生家も既に士族ではなかった。原敬記念館館長の説明によると、戊辰戦争新政府軍に敵対した盛岡藩は賠償金を支払うことになり、原家も土地・屋敷や家財を売却し、菓子商売などで生計を立てることになった。原の上京費用もこうして捻出したという。分籍した際の戸籍謄本が記念館に保存されており、そこには(士族ではなく)士農工商の「商」と記載されている[5]

こうした変遷を経たものの、原は家柄についての誇りが強く、いつの場合も自らを卑しくするような言動をとったことがなかったとされる。

陸奥宗光の引き立て編集

明治9年(1876年)、司法省法学校を受験し、受験者中2番の成績で合格した。在学中も101名中10位と成績は良かったが、明治12年(1879年)2月に退校処分にあっている。寄宿舎の待遇改善を求めた行動に対する処分に抗議したことが理由とされている[6]

退校後の明治12年(1879年)、郵便報知新聞社に入社した。入社当初は翻訳を担当していたが、明治14年(1881年)5月には渡辺洪基とともに仕事で全国周遊旅行に出た。しかし明治十四年の政変をきっかけに大隈重信派が同社を買収、矢野文雄を社長に据え、犬養毅尾崎行雄らが社に乗り込んできた。原はこれに反発し、明治15年(1882年)1月末に退社した[7]。郵便報知新聞社を退社後は、関西で立憲帝政党の機関紙の役割を担っていた『大東日報』で主筆を務めた。この際井上馨にも接近したが、8か月で『大東日報』を離れることになった[8]

また、明治12年3月に山梨県甲府市で創刊された『峡中新報』へも「鷲山樵夫」の筆名で寄稿している。

 
パリ時代の原敬

政党政治家として編集

また、爵位授与に関しても実はこの時期に何度か働きかけを行っていた事実も明らかになっている(原自身が「平民政治家」を意識して行動するようになり、爵位辞退を一貫して表明するようになるのは、原が政友会幹部として自信を深めていった明治末期以後である)。

明治34年(1901年)6月、日本の憲政史上で任期最長を記録する首相となる桂太郎が政権を握って組閣し、原は閣外へ去るが同月に星が暗殺され、その後は、第1次桂内閣に対する方針を巡る党内分裂の危機を防ぎ、松田正久とともに政友会の党務を担った。また、地方政策では星の積極主義(鉄道敷設などの利益誘導と引換に、支持獲得を目指す集票手法)を引き継ぎ、政友会の党勢を拡大した。党内を掌握した原は、伊藤や西園寺を時には叱咤しながら、融和と対決を使い分ける路線を採って党分裂を辛うじて防いだ。

しかし、原の積極主義は「我田引鉄」と呼ばれる利益誘導型政治を生み出し、現代に繋がる日本の政党政治と利益誘導の構造を作り上げることとなった。明治末期には原のこうした手法を嫌う西園寺との間で確執が生じている。

明治44年(1911年)8月から鉄道院総裁

内務大臣時代、藩閥によって任命された当時の都道府県知事を集めてテストを実施し、東京帝国大学卒の学歴を持つエリートに変えていった。大正3年(1914年)6月18日には大正政変の道義的責任を取るとして辞任した西園寺の後任として、第3代立憲政友会総裁に就任した。

首相就任編集

 
1920年
 
事件直後の原遭難現場

また、加藤友三郎海軍大臣が1921年(大正10年)からワシントン海軍軍縮会議出席のために外遊するにあたって、原は内閣官制第2条「内閣總理大臣ハ各大臣ノ首班トシテ機務ヲ奏宣」の規定から内閣総理大臣は軍部大臣を含めたどの大臣の役目も代行できるという解釈から、内閣総理大臣が海軍大臣を代行をすることを提案した。陸軍は反対するも、原は陸軍大臣代行はしないという約束を陸軍と交わした上で、内閣総理大臣による海軍大臣の代行(事務管理)が可能となった。また、植民地長官武官制を改訂し、文官でも植民地長官に就任できる道を開いた。

また、教育政策では高等教育の拡張に力を入れた。大正7年(1918年)、原内閣の下で「高等諸学校創設及拡張計画」が、4,450万円の莫大な追加予算を伴って帝国議会に提出され可決された。その計画では官立旧制高等学校10校、官立高等工業学校6校、官立高等農業学校4校、官立高等商業学校7校、外国語学校1校、薬学専門学校1校の新設、帝国大学4学部の設置、医科大学5校の昇格、商科大学1校の昇格であり、その後この計画はほぼ実現された。これらの官立高等教育機関の大半は、地方都市に分散設置された。

また私立大学では大正9年(1920年)に大学令の厳格な要件にも関わらず、慶應義塾大学早稲田大学明治大学法政大学中央大学日本大学國學院大學同志社大学旧制大学への昇格が認可され、その後も多くの私立大学が昇格した。この高等教育拡張政策は第一次世界大戦の好景気を背景とした高等教育への、求人需要、志願需要の激増に応えたものである。そして「高等教育拡散は高等遊民の増加を招き、皇室への危険思想につながる」としてこれに反対した山縣有朋を説得したものであった。

さらに、軍事費にも多額の予算を配分し、大正9年(1921年)予算は同6年(1917年度)予算の2倍を超える15億8,000万円にまで膨れ上がった。多額の公債発行を前提とする予算案には野党憲政会貴族院から多数の反対意見が上がった。

首相就任前の民衆の原への期待は大きいものだったが、就任後の積極政策とされるもののうち、ほとんどが政商財閥向けのものであった。また、度重なる疑獄事件の発生や民衆の大望である普通選挙法の施行に否定的であったことなど、就任前後の評価は少なからず差がある。結果的に、満25歳以上の成年男子全員に選挙権を与える普通選挙法の施行は、憲政会を率いた加藤高明内閣を待つこととなる

帝国議会施政方針演説などにおける首相の一人称として、それまでの「本官」や「本大臣」に変わり「を使用したのは原が最初である。それ以後、現在の国会に至るまで、途絶えることなく引き継がれている。

大正デモクラシーの最中で「平民宰相流行語となり、原の肖像と「平民宰相原敬先生」という文言が描かれた置き薬の箱が配られたり、「平民食堂」「平民酒場」が開かれたりした[5]

大正10年(1921年)11月4日、関西での政友会大会に出席するため側近の肥田琢司らと東京駅に到着直後、国鉄大塚駅転轍手であった中岡艮一により殺害されほぼ即死(原敬暗殺事件参照)。享年66。戒名は大慈寺殿逸山仁敬大居士[9]

病床にあった山縣も嘆きが大きく、翌年2月に病没した。

人物評編集

  • 政友会の前総裁で、原との間にも確執があった西園寺公望は、原の死の一報を聞いて「原は人のためにはどうだったか知らぬが、自己のために私欲を考える男ではなかった」と述べている[10]
  • 山縣有朋は原の死に衝撃を受けたあまり発熱し、夢で原暗殺の現場を見るほどであった。その後「原という男は実に偉い男であった。ああいう人間をむざむざ殺されては日本はたまったものではない」と嘆いている[11]
  • 平田東助内大臣は後年「元老は西園寺公を限りとし、将来は置かぬが宜し。原が居れば別だが、種切れなり」と評しており[12]、もし原が生存していれば元老となっていたと見られている[13]

原敬日記編集

 
1918年12月17日の原浅(左)、養子原貢(中央)と

原敬日記』(はらけいにっき)は、明治・大正期の政治動向に関する重要な史料である。

『原敬日記』は、一般には明治8年(1875年)に帰省した際の日記から、暗殺直前の大正10年(1921年10月25日までに書かれた日記の総称であるが、原が暗殺を予期し認めた遺書の中で「当分世間に出すべからず」と厳命(宮中某重大事件大正天皇の病状問題の記述が考慮されると考えられる)した。

実際に、初刊は没後30年近くを経た1950年-51年に乾元社(全9巻)。近年は原が大正天皇と近かったことから、大正天皇と『原敬日記』の関係についても研究されている。

  • 『原敬日記』(全6卷)、林茂・原奎一郎編、福村出版、新版2000年
  • 『原敬日記』(全17巻)、岩壁義光・廣瀬順晧編、北泉社、1998年
  • 栗田直樹『原敬日記を読む』成文堂、2018年。解説本

家族・親族編集

  • 先妻・貞子(旧薩摩藩士中井弘長女。原が天津領事赴任直前の明治16年に15歳で結婚。子はなく、明治29年より別居。その後、貞子が不倫の子を宿したため明治38年離婚。[14]
  • 後妻・浅(あさ、岩手県江刺郡岩谷堂町菅野弥太郎の娘、東京新橋「紅葉館」の芸者[15]。浅草生まれ。15年間は妾であったが、離婚成立後の明治41年に入籍。[14]
  • 養子(姪の子)・ (作家)

系譜編集

原家
原家の始祖三田村平兵衛浅井新左衛門忠政(近江の浅井氏)の二男三田村左衛門太夫定元の末流と伝える三田村太郎右衛門の二男として筑後で誕生した。[16]

三田村平兵衛政澄(後に原氏に改める)━平兵衛政舫十蔵政直茂平政親平兵衛政芳直記芳忠平兵衛芳武直記芳隆直治政中━敬━

栄典編集

位階
勲章
外国勲章佩用允許

郷里での顕彰編集

盛岡市には実家が保存されており、隣には原敬記念館が開設されている。敬は母親のために盛岡市街に別邸を建て、支援者を招いての園遊会の場としても使った。岩手県の名物わんこそばは、原邸で振る舞われた小分けされた蕎麦が元となったという説もある[5]

岩手県庁が、地元出身の偉人を登場させて岩手県を宣伝する動画にも登場している(演:村上弘明[35]

演じた人物編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 【原 敬 略年譜】財団法人 大慈会 原敬遺徳顕彰事業団公式サイト参照
  2. ^ 土曜ドラマ『足尾から来た女』 NHK
  3. ^ 楠 2000, pp. 137-139.
  4. ^ 楠 2000, pp. 135-136.
  5. ^ a b c 山下剛「【わがまちお宝館】原敬記念館(盛岡市)わんこそば「原さん」が?」『朝日新聞』朝刊2018年12月5日(第2東京面)。
  6. ^ 楠 2000, pp. 139-140.
  7. ^ 楠 2000, pp. 140-142.
  8. ^ 楠 2000, pp. 142-143.
  9. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)247頁
  10. ^ 伊藤之雄元老 西園寺公望』文春新書、2007年、ISBN 4166606093 190p
  11. ^ 伊藤之雄『元老 西園寺公望』文春新書、2007年、ISBN 4166606093 192p
  12. ^ 永井和「西園寺公望はいかにして最後の元老となったのか : 「一人元老制」と「元老・内大臣協議方式」」『京都大學文學部研究紀要』第36巻、京都大学、1997年 126p
  13. ^ 伊藤之雄『元老―近代日本の真の指導者たち』中央公論新社、2016年、ISBN 978-4121023797 211p
  14. ^ a b 『大宰相・原敬』福田和也、PHP研究所, 2013/11/25、「大慈寺」の章
  15. ^ 『明治美人伝』長谷川時雨、1921
  16. ^ 『姓氏類別大観』は、原政澄浅井久政の従兄弟にしている。
  17. ^ 官報号外「叙任及辞令」1890年12月28日。
  18. ^ 『官報』第2538号「叙任及辞令」1891年12月14日。
  19. ^ 『官報』第2776号「叙任及辞令」1892年9月27日。
  20. ^ 『官報』第4302号「叙任及辞令」1897年11月1日。
  21. ^ 『官報』第7288号「叙任及辞令」1907年10月12日。
  22. ^ 『官報』第451号「叙任及辞令」1914年1月31日。
  23. ^ a b 『官報』号外「叙任及辞令」1921年11月4日。
  24. ^ 『官報』第3152号「叙任及辞令」1893年12月29日。
  25. ^ 『官報』第3889号「叙任及辞令」1896年6月17日。
  26. ^ 『官報』第503号「叙任及辞令」1914年4月6日。
  27. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  28. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。
  29. ^ 『官報』第2858号・付録「辞令」1922年2月14日。
  30. ^ 『官報』第1508号「叙任及辞令」1888年7月10日。
  31. ^ 『官報』第1764号「叙任及辞令」1889年5月20日。
  32. ^ 『官報』第3815号「叙任及辞令」1896年3月21日。
  33. ^ 『官報』第4005号「叙任及辞令」1896年11月2日。
  34. ^ 『官報』第8490号「叙任及辞令」1911年10月6日。
  35. ^ 俳優 村上弘明さんが岩手の魅力を発信!共同通信PRWire(2018年11月2日)2018年12月12日閲覧。

参考文献編集

  • 原奎一郎『ふだん着の原敬』毎日新聞社、1971年/中公文庫、2011年
    甥で養子(本名は原貢、原圭一郎とも表記)の回想録、一個人としての原敬の実像を知る最適の文献。原敬とその妻浅子と生活した青少年期の思い出を中心に綴られている。
  • 原敬遺徳顕彰会『原敬 歿後五十年 その生涯』 毎日新聞社、1970年
  • 『原敬』(上・下)、原奎一郎編著、盛岡大慈会・原敬遺徳顕彰会、1998-99年、新編抄版・1巻、2002年
  • 原敬文書研究会編『原敬関係文書』(全10巻・別巻1)、日本放送出版協会 1984-89年
  • 原奎一郎、山本四郎編『原敬をめぐる人びと』日本放送出版協会NHKブックス〉、1981年
  • 原奎一郎、山本四郎編『続 原敬をめぐる人びと』、同上、1982年
  • 高橋文彦『原敬 颯爽と清廉に』(上・下) 、原書房、1992年
  • 山本四郎『評伝 原敬』(上・下) 、東京創元社、1997年
  • 玉井清『原敬と立憲政友会慶應義塾大学出版会、1999年
  • 川田稔『原敬と山県有朋 国家構想をめぐる外交と内政』中公新書、1998年
  • テツオ・ナジタ『原敬 政治技術の巨匠』安田志郎訳、読売新聞社〈読売選書〉、1974年
  • 前田蓮山『日本宰相列伝7 原敬』 時事通信社、新版1985年。元版1958年
  • 千葉勝,「原敬と華族 : 南部家との関係を中心に」『弘前大学國史研究』115号 p5.3-71 2003年, 弘前大学國史研究会, ISSN 0287-4318
  • 松本健一『原敬の大正』毎日新聞社、2013年
  • 福田和也『大宰相 原敬』PHP研究所、2013年
  • 伊藤之雄『原敬 外交と政治の理想』(上・下)、講談社選書メチエ、2014年
  • 楠精一郎『列伝・日本近代史 伊達宗城から岸信介まで』朝日新聞社〈朝日選書〉、2000年。

関連項目編集

外部リンク編集


公職
先代:
寺内正毅
  内閣総理大臣
第19代:1918年 - 1921年
次代:
高橋是清
先代:
松室致
  司法大臣
第22代:1918年 - 1920年(兼任)
次代:
大木遠吉
先代:
清浦奎吾
平田東助
大浦兼武
  内務大臣
第25代:1906年 - 1908年
第27代:1911年 - 1912年
第29代:1913年 - 1914年
次代:
平田東助
大浦兼武
大隈重信
先代:
星亨
山縣伊三郎
  逓信大臣
第11代:1900年 - 1901年
第16代:1908年
次代:
芳川顕正
堀田正養
党職
先代:
西園寺公望
立憲政友会総裁
第3代:1914年 - 1921年
次代:
高橋是清