三条実春

三条 実春(三條 實春、さんじょう さねはる、1913年大正2年)3月2日[1] - 1990年平成2年)6月30日[1][2])は、日本の神職華族貴族院公爵議員

経歴編集

三条公輝、母静子(正親町実正二女)の長男として生まれる[1]1938年東京帝国大学文学部を卒業[2]

1938年、厚生省体力局企画課嘱託となる[2]。以後、厚生省人口局管理課嘱託、同研究所人口民族部嘱託を務め、この間、応召を受け陸軍中尉となった[2]。父の死去に伴い1945年12月15日、公爵を襲爵して[1]貴族院公爵議員に就任し[2]1947年5月2日の貴族院廃止まで在任した[2]

戦後、春日大社宮司平安神宮宮司を務めた[1]

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 『平成新修旧華族家系大成』上巻、697-698頁。
  2. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』9頁。

参考文献編集

  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。


日本の爵位
先代:
三条公輝
公爵
三条家第5代
1945年 - 1947年
次代:
華族制度廃止