三条家

日本の公家

三条家(さんじょうけ、旧字体:三條)は、藤原北家閑院流嫡流にあたる公家華族である。公家としての家格清華家、華族としての家格は公爵[1]家紋片喰に唐花(とおりじ)は「」と「」を交互に用いる。

三条家
(転法輪家)
家紋
片喰に唐花かたばみにからはな
三条唐花さんじょうからはな
本姓 藤原北家閑院流嫡流
家祖 三条実行
種別 公家清華家
華族公爵
出身地 山城国京都
主な根拠地 山城国京都→東京府東京市
著名な人物 三条実房
三条公頼
三条実万
三条実美
支流、分家 嵯峨家大臣家侯爵
三条西家(大臣家・伯爵
滋野井家羽林家・伯爵)
姉小路家(羽林家・子爵)
花園家(羽林家・子爵)
鹿園家男爵
東三条家(男爵)
凡例 / Category:日本の氏族

歴史編集

閑院流は、藤原師輔の十男で閑院太政大臣と呼ばれた藤原公季を祖とし[2]白河院政および鳥羽院政期には上皇天皇外戚の地位をほぼ独占し、摂関家の弱体化の間隙を突いて(びょうどう)に重きをなした。閑院流の嫡流である藤原公実の二男実行を祖とするのが三条家である。実行は八条とも称したが、子の公教実房が三条高倉に屋敷を構えたことから、三条の家号が定まった。この邸宅には待賢門院後白河天皇国母)も住んでおり、後白河天皇はここで育った[3]

2代公教鳥羽上皇の後見役として権勢をふるった。3代実房は「愚昧記」の著者として知られ、公事の師と仰がれていた。実房の跡は、長男公房が継ぎ、父と同じく三条を称したが、三男の公氏も三条を称したことから、本家の公房の流を俗称転法輪、公氏の流を正親町三条または嵯峨と呼び区別することもあった[4]

公家としての家格は摂家に次ぐ清華家で、代々、香道と装束の調達を家業とした。明治維新までに三条家が輩出した公卿の数は39名。うち太政大臣まで昇った者が5名、左大臣まで昇った者が5名、右大臣まで昇った者が8名、内大臣まで昇った者が7名となっている。

戦国時代の当主三条公頼二国の戦国大名大内義隆後奈良天皇の即位費用の捻出を頼みに山口へ赴いたが、その地で大内家の重臣陶隆房の反乱に巻き込まれて自刃に追い込まれた[3]。公頼の跡を継いだ養子実教も早世したが、分流の三条西家から実綱が養子に入って家名を保った。

1591年(天正19年)に御所の東の梨木町に邸宅を移した[3]。三条家の家紋の片喰に唐花は「梨花紋」とも呼ばれるが、これは同地に由来する。また三条実美が七卿落ちの際に使用した変名「梨木誠斎」も同地に由来する[3]

江戸時代の家禄ははじめ269石余、のちに469石余。

幕末から明治時代には、明治維新の功臣三条実万三条実美父子を輩出している。特に三条実美は、内閣総理大臣が置かれるまでの日本の首相にあたる右大臣太政大臣(史上最後)の職を務めたことで著名である。

1869年(明治元年)には三条実美に対して維新の功により5000石の賞典禄が下賜された。公家では岩倉具視と並ぶトップの受領高だった[5]。1876年(明治9年)に家禄と賞典禄が代えられた金禄公債の額は6万5000円であり、旧公家華族の中では最も高額だったが、旧公家華族の公債額は旧大名華族のそれとは大きな格差があった(旧大名華族トップの島津家は132万2845円)[6]

華族令施行により1884年明治17年)7月7日に三条実美は最上位の爵位である公爵に叙せられた。旧・清華家当主は原則として侯爵であったが、三条家のみ幕末維新における功績のために当初より公爵に叙された[7](その後1911年(明治44年)に徳大寺家徳大寺実則の功績により、1920年(大正9年)に西園寺家西園寺公望の功績により、それぞれ公爵に(しょうしゃく)しており、最終的には清華家からの公爵家は3家だった[8])。

また三条実美は危篤に際して明治天皇の臨御を賜り、天皇から直々に正一位の位記を受けている。位記に付けられた勅語には天皇が年少の頃から輔弼の任に当たり、父実万とともに国家に尽くした功績が記されていた。正一位の生前授与は源方子1146年(久安2年)に叙されて以来745年ぶり、男性では藤原永手770年(宝亀元年)が叙されて以来1121年ぶりのことで、三条は起き上がって勅書を見ようとしたが、すでに起き上がれない状態だったので桜井能監の朗読を聞いて感涙した[9]。実美が薨去すると天皇は3日の廃朝を決定し[10]、国葬に付された[2]

三条公爵家の邸宅は東京市品川区上大崎にあった[2]

1885年(明治18年)に勅許により三条実万を祭神として祀る梨木神社が建設されており、1915年(大正4年)には実美も祭神として祀られた[3]

歴代当主編集

代数 肖像 名前
(生没年)
続柄 位階 備考
1   三条実行
(1080年-1162年)
藤原公実の次男 従一位 太政大臣(1150年-1157年)
2   三条公教
(1103年-1160年)
先代の子 正二位 内大臣(1157年-1160年)
3   三条実房
(1147年-1225年)
先代の三男 正二位 左大臣(1190年-1196年)
4   三条公房
(1179年-1249年)
先代の三男 従一位 太政大臣(1218年-1222年)
5   三条実親
(1195年-1263年)
先代の長男 従一位 右大臣(1238年-1240年)
6   三条公親
(1222年-1295年)
先代の子 正二位 内大臣(1261年-1262年)
7   三条実重
(1259年-1329年)
先代の子 従一位 太政大臣(1318年-1319年)
8   三条公茂
(1284年-1324年)
先代の子 従一位 内大臣(1317年-1318年)
9   三条実忠
(1304年-1347年)
先代の養子
(先代の弟)
従一位 内大臣(1343年-1345年)
10   三条公忠
(1324年-1384年)
先代の子 従一位 内大臣(1360年-1362年)
11   三条実冬
(1354年-1411年)
先代の子 従一位 太政大臣(1402年-1407年)
12   三条公冬
(1391年-1459年)
先代の子 従一位 右大臣(1421年-1423年)
13   三条実量
(1415年-1484年)
先代の子 従一位 左大臣(1460年)
14   三条公敦
(1439年-1507年)
先代の子 従一位 右大臣(1479年-1480年)
15   三条実香
(1469年-1559年)
先代の子 従一位 太政大臣(1535年-1536年)
16   三条公頼
(1495年-1551年)
先代の子 従一位 左大臣(1546年)
大寧寺の変で殺害される
17   三条実教
(1538年-1554年)
先代の養子
分家の正親町三条公兄の子
従四位上 左近衛中将
18   三条実綱
(1562年-1581年)
先々代の養子
分家の三条西実枝の子
正三位 権中納言
右大臣
19   三条公広
(1577年-1626年)
先代の養子
分家の三条西公国の子
正二位 権大納言
20   三条実秀
(1598年-1671年)
先代の子 従一位 左大臣(1660年-1661年)
21   三条公富
(1620年-1677年)
先代の子 従一位 右大臣(1664年-1665年)
22   三条実治
(1651年-1724年)
先代の子 従一位 左大臣(1715年)
23   三条公兼
(1679年-1740年)
先代の子 従三位 左近衛中将
24   三条公充
(1691年-1726年)
先代の弟 従二位 権大納言
25   三条実顕
(1708年-1773年)
先代の養子
(先々代公兼の子)
従一位 右大臣(1754年)
26   三条季晴
(1733年-1782年)
先代の子 従一位 右大臣(1779年)
27   三条実起
(1756年-1823年)
先代の子 従一位 右大臣(1814年)
28   三条公修
(1774年-1840年)
先代の子 従一位 内大臣(1820年-1821年)
29   三条実万
(1802年-1859年)
先代の子 従一位
正一位
内大臣(1857年-1858年)
贈右大臣
30   三条公睦
(1828年-1854年)
先代の次男 従二位 権中納言
31   三条実美
(1837年-1891年)
先代の弟
(先々代実万の三男)
正一位 右大臣(1869年-1871年)
太政大臣(1871年-1885年)
臨時内閣総理大臣(1889年)
公爵
32   三条公美
(1875年-1914年)
先代の次男 正三位 貴族院議員(1900年-1914年)
公爵
33   三条実憲
(1902年-1924年)
先代の長男 公爵
34   三条公輝
(1882年-1945年)
先代の叔父
(先々々代実美の三男)
正三位[2] 貴族院議員(1924年-1945年)
公爵
35   三条実春
(1913年-1990年)
先代の子 従四位[11] 貴族院議員(1945年-1947年)
宮内庁掌典[11]
春日大社宮司[11]
平安神宮宮司[11]
公爵
36   三条公隆
(1941年-存命中)
先代の子

系譜編集

凡例 当主は太字、実線は実子、点線は養子。
藤原公実
 
 
 
三条実行1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公教2公行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実綱実国
滋野井家
実房3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公房4公宣
姉小路家
公氏
正親町三条家
公兼公俊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実親5実平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公親6公泰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実重7公雅
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公茂8実忠9実古
 
 
 
 
 
 
公忠10公頼
 
 
 
 
 
 
 
実冬11実宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公宣公量12信宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実量13水無瀬季兼宗家
宇喜多氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公敦14大炊御門信量
 
 
 
実香15
 
 
 
公頼16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実教17[12]実綱18[13]三条の方[14]
 
 
公広19[15]
 
 
 
実秀20
 
 
 
公富21
 
 
 
実治22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公兼23公充24
 
 
 
 
 
実顕実顕25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季晴26河鰭実祐
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実起27武者小路実純
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公修28押小路実茂空晁
鹿園家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実万29実師鹿園実博[16]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公睦30実美31河鰭実文
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公恭公恭公美32公輝河鰭実英
 
 
 
 
 
 
実敏[17]
東三条家
実憲33
 
 
 
 
公輝34
 
 
 
実春35
 
 
 
公隆36
 
 
 
実久37

家訓編集

三条家は清廉潔白を意味する「清白」の二字を伝統の精神・家風とする[3]三条実春は「三条家の家庭は清倹、簡素でほとんど中流武士の家庭と異なるところはありませんでした。家禄は四百六十九石五斗でありました」と幕末の三条家の生活水準について述べている[18]。実春によれば幕末の狂歌に『三文も梨木町の天保銭忠義のことは百も承知』というものがあったという。これは実万の家が清貧であって、しかも忠義の誠心に富んでいたことを激賞したものだった。当時の三条家は貧困の極致にあり、邸宅はあちこちに雨漏りの箇所があり、その修理の金も捻出できなかったので雨が降ると邸内に水溜まりが出来て裾をからげて邸内を歩いた。三条家は決して賄賂を受け取らず「清白」の家訓を貫いたためだったという[18]

三条家の分家編集

三条家は分家が多い。明治11年刊行の『華族類別禄』に三条家の宗族(祖先を同じくする一族)として掲載されている華族は、三条家から分家、あるいは三条家の分家から更に分家した旧公家14家(正親町三条家三条西家滋野井家姉小路家阿野家風早家園池家花園家押小路家武者小路家高松家河鰭家北大路家風早家)、および正親町三条家の分家にあたる旧大名の戸田家6家(信濃松本藩主家、下野宇都宮藩主家、下野高徳藩主家、下野足利藩主家、美濃大垣藩主家、美濃大垣新田藩主家)の合計20家に及ぶ[19]。また明治19年に三条家から分家して東三条家が分家華族として出来ているが、『華族類別禄』は明治11年刊行なので掲載されていない[20]

西園寺家徳大寺家も閑院流なので、この2家とその分流も三条家の分流と言えなくもないが(三条家は藤原公実の次男実行の子孫、西園寺家は公実の四男通季の子孫、徳大寺家は公実の五男実能の子孫という関係)、『華族類別禄』では西園寺家と徳大寺家については三条家とは別の宗族として扱われている[21]

幕末の領地編集

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の三条家領は以下の通り。(4村・472石8斗7升5合)

  • 山城国乙訓郡今里村のうち - 50石
  • 山城国紀伊郡中島村のうち - 200石
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 19石5斗
  • 山城国久世郡上津屋村のうち - 203石3斗7升5合

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 小田部雄次 2006, p. 57.
  2. ^ a b c d 華族大鑑刊行会 1990, p. 13.
  3. ^ a b c d e f 大久保利謙 1990, p. 68.
  4. ^ 日本随筆大成 第三期 第十三巻 P84 (Internet Archive) (日本語)
  5. ^ 浅見雅男 1994, p. 102.
  6. ^ 小田部雄次 2006, p. 62.
  7. ^ 小田部雄次 2006, p. 30-31.
  8. ^ 小田部雄次 2006, p. 57/322-323/360.
  9. ^ 刑部芳則 2016, p. 243-244.
  10. ^ 大久保利謙 1990, p. 72.
  11. ^ a b c d 大久保利謙 1990, p. 69.
  12. ^ 正親町三条公兄の子。歴代に数えないこともある。
  13. ^ 三条西実枝の子。
  14. ^ 武田信玄の継室。
  15. ^ 三条西公国の子、実綱の甥。
  16. ^ 下総曾我野藩主戸田忠綱の子。
  17. ^ 東三条家の初代当主は公美であり、公恭が三条家を廃嫡されたために公美が宗家を継ぎ、東三条家は公恭の子実敏が継いだ。
  18. ^ a b 大久保利謙 1990, p. 73.
  19. ^ 刑部芳則 2016, p. 10/.
  20. ^ 刑部芳則 2016, p. 10/193.
  21. ^ 刑部芳則 2016, p. 10.

参考文献編集

  • 刑部芳則 『三条実美: 孤独の宰相とその一族』吉川弘文館、2016年(平成28年)。ISBN 978-4642082945 
  • 小田部雄次 『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366 
  • 浅見雅男 『華族誕生 名誉と体面の明治』リブロポート、1994年(平成6年)。 
  • 大久保利謙 『日本の肖像 旧皇族・華族秘蔵アルバム〈第9巻〉』毎日新聞社、1990年(平成2年)。ISBN 978-4620603193 
  • 華族大鑑刊行会 『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342 

関連項目編集