メインメニューを開く

三条家(さんじょうけ、正字体:三條)は、藤原氏北家閑院流嫡流にあたる日本公家。公家としての家格は清華家明治以降は華族として三条実美の功により公爵を授けられた。家業は笛と香道。家紋は唐菱花(三条花角、三条家花角とも)。通字は「公」と「実」を交互に用いる。やはり家号を略して単に「三条」と呼ばれることもあった正親町三条家三条西家とは区別して、転法輪三条家(てんぽうりんさんじょうけ、てぼりさんじょうけ)と呼ぶこともある。

三条家
(転法輪三条家)
家紋
さんじょうからびしはな
三条唐菱花
さんじょうはなかく、さんじょうけはなかく
(三条花角、三条家花角)
本姓 藤原北家閑院流嫡流
家祖 三条実行
種別 公家清華家
華族公爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
著名な人物 三条実房
三条公頼
三条実万
三条実美
支流、分家 正親町三条家大臣家
三条西家(大臣家)
滋野井家羽林家
姉小路家(羽林家)
花園家(羽林家)
鹿園家奈良華族
東三条家華族 男爵
宇喜多氏武家
凡例 / Category:日本の氏族

明治維新までに三条家が輩出した公卿の数は39名。うち太政大臣まで昇った者が5名、左大臣まで昇った者が5名、右大臣まで昇った者が8名、内大臣まで昇った者が7名となっている。大臣家正親町三条家三条西家を筆頭に分流も多くある。


目次


歴史編集

閑院流は、白河院政鳥羽院政期に上皇天皇外戚の地位をほぼ独占し、摂関家の弱体化の間隙を突いて廟堂に重きをなした。閑院流の嫡流である藤原公実の二男実行を祖とするのが三条家である。実行は八条とも称したが、子の公教、孫の実房が三条高倉に屋敷を構えたことから、三条の家号が定まった。

2代公教鳥羽上皇の後見役として権勢をふるった。3代実房は「愚昧記」の著者として知られ、公事の師と仰がれていた。実房の跡は、長男公房が継ぎ、父と同じく三条を称したが、三男の公氏も三条を称したため、公房の流を転法輪三条(てんぽうりんさんじょう、てぼりさんじょう)、公氏の流を正親町三条(おおぎまちさんじょう)と呼び区別するようになった。

戦国時代の当主三条公頼は、二国の戦国大名大内義隆を頼って山口に滞在していたが、その地で大内家の重臣陶隆房の反乱に巻き込まれ、殺害されている。公頼の跡を継いだ養子実教も早世したが、分流の三条西家から実綱が養子に入って家名を保った。

江戸時代の家禄ははじめ269石余、のちに469石余。公家としての家格は摂家に次ぐ清華家で、代々、と装束の調達を家業とした。

幕末明治時代には、明治維新の功臣三条実万三条実美父子を輩出している。特に三条実美は、内閣総理大臣が置かれるまでの日本の首相にあたる右大臣太政大臣(史上最後)の職を務めたことで著名である。

1884年華族令の施行に当たり、旧・清華家の当主は原則として侯爵とされたが、三条家のみは、当主実美が維新に勲功があったとして、公爵に叙された(その後、徳大寺家が徳大寺実則の功績により、西園寺家が西園寺公望の功績により、それぞれ公爵に陞爵した)。

系譜編集

凡例 当主は太字、実線は実子、点線は養子。
藤原公実
 
 
 
三条実行1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公教2公行
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実綱実国
滋野井家
実房3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公房4公宣
姉小路家
公氏
正親町三条家
公兼公俊
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実親5実平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公親6公泰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実重7公雅
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公茂8実忠9実古
 
 
 
 
 
 
公忠10公頼
 
 
 
 
 
 
 
実冬11実宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公宣公量12信宗
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実量13水無瀬季兼宗家
宇喜多氏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公敦14大炊御門信量
 
 
 
実香15
 
 
 
公頼16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実教17[1]実綱18[2]三条の方[3]
 
 
公広19[4]
 
 
 
実秀20
 
 
 
公富21
 
 
 
実治22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公兼23公充24
 
 
 
 
 
実顕実顕25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季晴26河鰭実祐
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実起27武者小路実純
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公修28押小路実茂空晁
鹿園家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実万29実師鹿園実博[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公睦30実美31河鰭実文
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
公恭公恭
東三条家
公美32公輝河鰭実英
 
 
 
 
実憲33
 
 
 
 
公輝34
 
 
 
実春35
 
 
 
公隆36
 
 
 
実久37
  1. ^ 正親町三条公兄の子。歴代に数えないこともある。
  2. ^ 三条西実枝の子。
  3. ^ 武田信玄の継室。
  4. ^ 三条西公国の子、実綱の甥。
  5. ^ 下総曾我野藩主戸田忠綱の子。

幕末の領地編集

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の三条家領は以下の通り。(4村・472石8斗7升5合)

  • 山城国乙訓郡今里村のうち - 50石
  • 山城国紀伊郡中島村のうち - 200石
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 19石5斗
  • 山城国久世郡上津屋村のうち - 203石3斗7升5合

関連項目編集