メインメニューを開く

三桓氏(さんかんし)は、古代中国公族で、春秋時代戦国時代の魯の第15代君主桓公の子孫の孟孫氏(仲孫氏)・叔孫氏・季孫氏の事を指す。

概要編集

魯の第15代桓公の子に生まれた3兄弟の慶父叔牙季友は後に嫡兄の第16代荘公重臣となり、慶父から孟孫氏仲孫氏)、叔牙から叔孫氏、季友から季孫氏にそれぞれ分かれて代々の実権を握る事となる。中でも特に権力を極めたのが季孫氏で、代々司徒の役職に就き、叔孫氏が司馬、孟孫氏(仲孫氏)が司空を務めた。

第23代昭公紀元前517年に季孫氏当主の季孫意如を攻めるが、逆に三桓氏の軍事力に屈し、国外追放された。また、第24代定公が就任してから8年目の紀元前502年に季孫氏の有力家臣であった陽虎が叔孫氏・孟孫氏(仲孫氏)の家臣を従えて、三桓氏の君主を追放する反乱を起こしたが陽虎は敗れ、国外追放された。

季孫氏は費を、孟孫氏は成を、叔孫氏は郈を、それぞれ根拠地としていた。紀元前498年、季孫氏の宰であった子路はこの3城の破壊を命じたが、成功しなかった[1]

定公の次の哀公は三桓氏を除こうとして失敗し、魯から追放されて、の地で死亡した。その後、三桓氏は悼公を立てたが、もはや魯公の力はきわめて弱いものになっていた。

三桓氏がその後どうなったかは、文献がないために不明である。

三桓世系編集

季孫氏編集

  1. 季友(成季)
  2. 季孫行父(季文子)
  3. 季孫宿(季武子)
  4. 季孫紇(季悼子)
  5. 季孫意如(季平子)
  6. 季孫斯(季桓子)
  7. 季孫肥(季康子)
  8. 季孫佗(季宣子)
  9. 季孫莒(季懿子)
  10. 季孫彊(季昭子)
  11. 季孫代(魯から独立して国の君主となった、費恵公)

叔孫氏編集

  1. 叔牙(僖叔)
  2. 公孫茲(叔孫戴伯)
  3. 叔孫得臣(叔孫荘叔)
  4. 叔孫僑如(叔孫宣伯)
  5. 叔孫豹(叔孫穆子)
  6. 叔孫婼(叔孫昭子)
  7. 叔孫不敢(叔孫成子)
  8. 叔孫州仇(叔孫武叔)
  9. 叔孫舒(叔孫文子)

孟孫氏編集

  1. 慶父(共仲)
  2. 公孫敖(孟穆伯)
  3. 仲孫穀(孟文伯)
  4. 仲孫難(孟恵叔)
  5. 仲孫蔑(孟献子)
  6. 仲孫速(孟荘子)
  7. 仲孫羯(孟孝伯)
  8. 仲孫玃(孟僖子)
  9. 仲孫何忌(孟懿子)
  10. 仲孫彘(孟武伯)
  11. 仲孫捷(孟敬子)

脚注編集

  1. ^ 『春秋左氏伝』定公12年

関連項目編集