メインメニューを開く

哀公(あいこう、生年不詳 - 紀元前467年)はの第27代君主。名は将。父親は魯の第26代君主定公

哀公
27公
王朝
在位期間 前494年 - 前468年
都城 曲阜
姓・諱
諡号 哀公
生年 不詳
没年 前467年
定公
※「」は若くして没した王に送られる諡号

経歴編集

(現在の中国山東省南部)の第26代君主定公の子として生まれる。その後前494年に父の定公に代わり第27代君主に即位した。

即位中の前487年に隣国のに攻められるも奮戦し、和解した。その後に攻められ敗北した。前485年には呉と同じく斉へ攻め込み大勝した。翌年の前484年にはまた斉に攻められ、前483年に当時斉の君主であり、権力を誇っていた簡公討伐に魯の曲阜生まれの儒学者孔子が進軍を勧めるが実現しなかった。その3年後の前481年、斉の簡公が宰相の田恒に弑殺されたのを受けて、孔子が再び斉への進軍を3度も勧めるが、哀公はこれを聞き入れなかった。前471年に哀公はと同じく斉へ指揮官として進軍した。

前468年に、魯の第15代君主桓公の3兄弟を祖とし当時絶対的権力を握っていた三桓氏の武力討伐を試みるも三桓氏の軍事力に屈し、を転々とした後にへ国外追放され、前467年にその地で没した。

孔子との関係編集

  • 哀公は曲阜生まれの儒学者孔子の晩年の君主であり、孔子の弟子が残した『論語』の中には会話の場面が度々登場している。
  • 孔子の作と伝えられる歴史書『春秋』は哀公14年(紀元前481年)に麒麟を得たという記事(獲麟)で終了する。ここから「獲麟(かくりん)」は物事の終わりや絶筆のことを指すようになった。

関連項目編集