三田 晃(みた あきら)は、日本の元アマチュア野球選手(投手)。

三田 晃
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 1942年
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴・人物編集

成器商業高校から大和証券に入社、1961年都市対抗にチーム初出場[1]1963年都市対抗ではエース小弓場保をリリーフで支え準々決勝に進むが、富士製鐵室蘭佐藤進に抑えられ10回裏0-1でサヨナラ負けを喫する[1]

しかし同年に野球部が活動停止、大昭和製紙に転籍した。金沢宏らとともに投の主軸として活躍。1965年の第13回選抜社会人野球静岡大会ではチームの優勝に貢献し、最高殊勲選手にも選ばれた。同年の都市対抗では1回戦で松下電器を相手に先発するが惜敗[1]。秋の産業対抗では決勝に進み富士製鐵と対戦。同点の9回表からリリーフし、尾関達三のサヨナラ本塁打で優勝を飾り勝利投手となる[2]。直後のドラフト会議東映フライヤーズから4位指名を受けたが、入団を拒否しチームに残留した[3]1967年都市対抗日本楽器に補強され出場。決勝に進みリリーフで登板するが、日本石油平松政次に完封負けを喫する[1]1968年都市対抗三輪田勝利との継投で準々決勝に進むが、日本石油に敗退[1]

1969年には大昭和製紙北海道に移籍、その後もエースとして活躍する。1972年都市対抗では、大和証券時代から3チームにまたがっての10年連続出場選手として表彰された[4][5]。同年限りで現役を引退した。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  2. ^ 「日本社会人野球協会会報1964」日本社会人野球協会 1965年
  3. ^ 過去のドラフト 第1回(1965年) - ドラフト会議 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年6月22日閲覧。
  4. ^ 都市対抗野球大会50年小史日本野球連盟、p.48
  5. ^ 北海道地区連盟の足跡日本野球連盟北海道地区連盟、2020年9月22日閲覧

関連項目編集