メインメニューを開く

三石 精一(みついし せいいち、1932年3月28日 - )は、日本の指揮者

三石精一
生誕 (1932-03-28) 1932年3月28日(87歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 東京芸術大学
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

経歴編集

東京出身[1]。幼少よりピアノを学び、ピアニストをめざすが、手の故障で断念。下総皖一のもと作曲を学ぶ。但しコンサート・ピアニスト以外の伴奏などの活動は続けている。

1950年の東京藝術大学受験前に、金子登に指揮者の道を勧められ、同校指揮科の一期生として入学。金子登、クルト・ヴェス渡邉暁雄などに師事。

1955年卒業後[2]、同大学院指揮科専攻科に進学。翌年修了し、芸大指揮科と同大学附属高校にて教鞭をとる。当初は主にピアニストとして、ヴァイオリンの諏訪根自子、声楽の藤原義江大谷冽子砂原美智子アリゴ・ポーラゲルハルト・ヒュッシュ、木琴の平岡養一らの伴奏者として活動する。

など[2][3][4]

アマチュア・オーケストラとのかかわり編集

多くのアマチュア・オーケストラを指導しており、東京大学音楽部管弦楽団からは終身正指揮者の称号を贈られている[2][4]

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.524
  2. ^ a b c プロフィール - Orchestra CONSONO
  3. ^ 過去の共演者 三石精一 - 麻生フィルハーモニー管弦楽団
  4. ^ a b CONDUCTORS & SOLOISTS 三石精一 - Global Philharmonic Orchestra

参考文献編集

外部リンク編集