三遊亭 圓坊(さんゆうてい えんぼう)は、落語家。過去に3、4人ほど確認されている。


三遊亭さんゆうてい 圓坊えんぼう
.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}三遊亭(さんゆうてい) .mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.yomigana>rt{font-feature-settings:"ruby"0}圓坊(えんぼう)
三ツ組橘は、橘家圓蔵一門の定紋である。
本名 飯田 米太郎
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本
師匠 4代目橘家圓蔵
名跡 1. 橘家若蔵
2. 橘家圓坊
3. 三遊亭圓坊
活動期間 1900年 - ?
活動内容 色物
所属 圓頂派
三友派
花月派

三遊亭 圓坊(さんゆうてい えんぼう、生没年不詳昭和戦後まもなく没)は、落語家。本名、飯田 米太郎。

1900年ころ4代目橘家圓蔵の門下で橘家若蔵、同年5月両国立花亭で初高座。

落語よりも色物として色声物真似、お盆を使った踊りで人気を得た。

明治30年代末から東京を離れ上方に出向き初代橘ノ圓圓頂派の一座に席を置いた。大正の末には三友派から花月派と会派を移り、昭和戦前・戦時中は5代目笑福亭松鶴の楽語荘の同人として参加、終戦直後は「上方はなしを聴く会」の同人にも名を連ねる。そのころ没した模様。

上方にいたころは橘家圓坊として名乗っていた時期もある。

SPレコードはコロンビアから「かっぽれ」「すててこ」「トッチリトン」「運動甚句」「ヤレコラサ節」「物真似」「三題話」「梅は咲いたか」「軍艦づくし」「壁金」等の音曲などが残されている。

出典編集

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(諸芸懇話会・大阪芸能懇話会共編、平凡社、1989年、ISBN 458212612X
  • 『古今東西噺家紳士録』