三遊亭 金八(さんゆうてい きんぱち)は、落語家の名跡。

  • 扇遊亭金八 - 後∶林家彦六
  • 三遊亭金八 - 本項にて記述

三遊亭さんゆうてい 金八きんぱち
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}三遊亭(さんゆうてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}金八(きんぱち)
三遊亭金馬一門の定紋のひとつ「陰鬼ツタ」
本名 木村きむら 吉伸よしのぶ
別名 ぱちこく堂
生年月日 (1970-10-05) 1970年10月5日(50歳)
出身地 日本の旗 日本北海道根室市
師匠 二代目三遊亭金翁
出囃子 ずぼら
活動期間 1990年 -
所属 落語協会
公式サイト 落語家・三遊亭金八のブログ ~出来ますものは~

三遊亭 金八(さんゆうてい きんぱち、1970年10月5日 - )は落語協会所属の噺家。本名∶木村 吉伸

北海道根室市出身。腹話術を披露する時は「ター坊」を相方とし、「ぱちこく堂」を名乗る。

来歴編集

北海道に生まれる。父親は歯舞群島志発島・相泊北方領土)出身。そのため、金八は元島民二世である[1][2]

1989年3月、 北海道根室高等学校を卒業する。

1990年4月、4代目三遊亭金馬に入門、三遊亭金八の芸名で内弟子として前座修行した。

1993年11月に 二ツ目に昇進。

2002年3月 古今亭菊生林家彦いち入船亭扇辰鈴々舎鈴之助とともに真打に昇進。

人物編集

関連した書籍編集

脚注編集

  1. ^ 石川一洋 解説委員 (2020年2月6日). “「島の記憶をどうつなぐ 元島民2世・3世の思い」(くらし☆解説)”. 解説委員室. 解説アーカイブス. NHK. 2020年2月10日閲覧。
  2. ^ 三遊亭金八さん 「北方領土寄席」に取り組む元島民2世の落語家”. ひと. 朝日新聞 (2016年12月14日). 2020年2月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集