メインメニューを開く
三間正弘

三間 正弘(みつま まさひろ、1836年天保7年7月) - 1899年明治32年)6月3日)は、日本の警察官陸軍軍人政治家。最終階級少警視、陸軍大佐石川県知事通称、市之進。

経歴編集

長岡藩士の家に生まれる。戊辰戦争に参加。明治3年(1870年)10月、小諸藩大参事となり、明治4年(1871年)11月、廃官。1873年(明治6年)5月、明治政府文部省10等出仕として入り、同年12月、免出仕となる。1874年(明治7年)2月、警視庁に10等出仕として入り、大警部、権少警視、少警視と昇進。1877年(明治10年)3月、陸軍少佐兼権少警視となり、西南戦争別働第3旅団参謀として出征した。

1881年(明治14年)3月、憲兵中佐に昇進し東京憲兵隊本部長に就任。1884年(明治17年)10月、憲兵大佐に進級。1889年(明治22年)3月、初代憲兵司令官に着任。

1893年(明治26年)4月から1896年(明治29年)12月まで石川県知事を務めた。1893年9月、後備役となり、同年12月に非職、1897年(明治30年)2月、免官となる。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 『官報』第718号「賞勲叙任」1885年11月20日。
  2. ^ 『官報』第1933号「叙任及辞令」1889年12月6日。

参考文献編集