三陵墓古墳群(さんりょうぼこふんぐん)は、奈良県奈良市都祁南之庄町にある古墳群。3基が奈良県指定史跡に指定されている。

東古墳から西古墳(左奥)を望む
三陵墓 古墳群の位置(奈良県内)
三陵墓 古墳群
三陵墓
古墳群
三陵墓古墳群の位置
全ての座標を示した地図 - OSM
全座標を出力 - KML

概要 編集

奈良県東部、奈良盆地の東の大和高原の都祁盆地(都介野)において、都介野岳から北に延びる小丘陵上に営造された古墳群である[1]前方後円墳1基(東古墳)・円墳2基(西古墳・南古墳)の計3基から構成される。これまでに、東古墳では墳丘について、西古墳では墳丘・埋葬施設について発掘調査が実施されている。

3基のうち東古墳は墳丘長110メートルを測る大型前方後円墳で、都祁盆地ひいては大和高原・宇陀地域では最大規模になる点で注目される。また西古墳では多数の竪櫛など豊富な副葬品が検出されている。営造時期は、古墳時代中期-後期の5世紀前半(西古墳:5世紀中頃に追葬)・5世紀後半(東古墳)・6世紀代(南古墳)頃と推定される。被葬者は明らかでないが、西古墳・東古墳は都祁盆地(都介野)の首長墓と想定され、『古事記』・『日本書紀』に見える都祁直・闘鶏国造との関連性が指摘される[2]

3基の古墳域は1996年平成8年)に奈良県指定史跡に指定された[3]。現在では西古墳・東古墳は史跡整備のうえで「三陵墓古墳群史跡公園」として公開されている。

来歴 編集

一覧 編集

西古墳 編集

三陵墓西古墳
 
墳丘
別名 三陵墓西塚古墳
所在地 奈良県奈良市都祁南之庄町
(三陵墓古墳群史跡公園内)
位置 北緯34度35分39.48秒 東経135度57分26.73秒 / 北緯34.5943000度 東経135.9574250度 / 34.5943000; 135.9574250 (三陵墓西古墳)
形状 円墳
規模 直径40m
高さ5m
埋葬施設 割竹形木棺粘土槨1基
組合式木棺直葬1基
出土品 副葬品多数・埴輪
築造時期 5世紀前半
テンプレートを表示

西古墳は、古墳群のうち西に位置する古墳。形状は円墳1951年昭和26年)・1995年平成7年)に墳丘・埋葬施設の発掘調査が実施されている。

墳形は円形で、直径約40メートル・高さ約5メートル、墳頂部の直径約16メートルを測る[5][2]。墳丘は1段築成[2]。墳丘外表では葺石のほか、円筒埴輪列(朝顔形埴輪含む)が認められる[5][2]。埋葬施設としては次の2基が検出されている[5][2]

  • 第1主体部(初葬)
    墳頂中央部。割竹形木棺粘土槨。主軸は南北方向。
    木棺を埋納する墓壙は隅丸長方形で長さ13メートル・幅5.6メートル・深さ約1.5メートルを測り、木棺は長さ8.35メートル・南小口幅1.20メートル・北小口幅0.95メートルを測る。埋葬は南頭位と推定される。棺床には赤色顔料(ベンガラ)を散布する。
    出土遺物のうち、棺内遺物としては鉄剣5・鉇2・鉄鑿1・鉄斧4・鉄鎌7・滑石製臼玉・琴柱形石製品8・碧玉製管玉・竪櫛多数が、棺外遺物としては鉄鏃群・鉄剣6・直刀9・鉄鉾1がある。
  • 第2主体部(追葬)
    第1主体部の東側。組合式木棺直葬。主軸は南北方向。
    木棺を埋納する墓壙は隅丸長方形で長さ5.5メートル・幅2メートルを測り、木棺は長さ4.17メートル・南小口幅0.67メートル・北小口幅0.61メートルを測る。埋葬は南頭位。棺内面には全面に赤色顔料(ベンガラ)が塗られる。
    出土遺物のうち、棺内遺物としては臼玉108・竪櫛89・鉄鏃8・漆塗り靫1が、棺外遺物としては漆塗り盾1・鉄槍1・円礫1・鉄刀子2・鉇2・鉄鑿1がある。

副葬品のうちでは、竪櫛が多量に認められる点が特筆される[2]

築造時期は墳丘・第1主体部が古墳時代中期の5世紀前半頃、第2主体部が5世紀中葉頃と推定され、東古墳に先行する首長墓に位置づけられる[5][2]

東古墳 編集

三陵墓東古墳
 
墳丘(右に前方部、左奥に後円部)
別名 三陵墓東塚古墳
所在地 奈良県奈良市都祁南之庄町
(三陵墓古墳群史跡公園内)
位置 北緯34度35分41.15秒 東経135度57分31.75秒 / 北緯34.5947639度 東経135.9588194度 / 34.5947639; 135.9588194 (三陵墓東古墳)
形状 前方後円墳
規模 墳丘長110m
高さ11m(後円部)
埋葬施設 (伝)箱式木棺粘土槨
出土品 埴輪、(伝)副葬品多数
築造時期 5世紀後半
テンプレートを表示

東古墳は、古墳群のうち東に位置する古墳。これまでに明治末年に発掘されているほか、墳丘の発掘調査が実施されている。

墳形は前方後円形で、前方部を西方に向ける。墳丘は3段築成[6]。墳丘の規模は次の通り[6]

  • 墳丘長:110メートル
  • 後円部 - 3段築成。
    • 直径:70-72メートル
    • 高さ:11メートル
  • 前方部 - 3段築成。
    • 長さ:約39メートル
    • 幅:約50メートル
    • 高さ:5.7メートル

墳丘の第1段目は地山整形により、2・3段目は盛土により構築される[6]。墳丘外表では葺石のほか、円筒埴輪列(朝顔形埴輪含む)・形象埴輪(家形埴輪)が認められる[6][2]。埋葬施設は未発掘のため明らかでない[6][2](箱式木棺粘土槨と伝承[4])。副葬品として、銅鏡2面・玉類・鉄製武器・工具類の多数出土が伝えられる[2]

築造時期は古墳時代中期の5世紀後半頃と推定され、西古墳に続く首長墓に位置づけられる[6][2]

南古墳 編集

 
南古墳 墳丘

南古墳は、古墳群のうち南に位置する古墳(北緯34度35分34.30秒 東経135度57分29.00秒 / 北緯34.5928611度 東経135.9580556度 / 34.5928611; 135.9580556 (三陵墓南古墳))。形状は円墳。これまでに発掘調査は実施されていない。

墳形は円形で、直径約16メートルを測る[7]。古墳時代後期の6世紀頃の築造と推定される[7]

文化財 編集

奈良県指定文化財 編集

  • 史跡
    • 三陵墓古墳群 - 1996年(平成8年)3月22日指定[3]

脚注 編集

参考文献 編集

(記事執筆に使用した文献)

  • 史跡説明板(旧都祁村教育委員会設置)
  • 日本歴史地名大系 30 奈良県の地名』平凡社、1981年。ISBN 4582490301 
    • 「三陵墓西古墳」
      • 刊行後版(ジャパンナレッジ収録)、2006年
    • 「三陵墓東古墳」
      • 刊行後版(ジャパンナレッジ収録)、2006年
  • 日本古墳大辞典東京堂出版、1989年。ISBN 4490102607 
    • 橋本裕行「三陵墓西塚古墳」橋本裕行「三陵墓東塚古墳」
  • 続 日本古墳大辞典東京堂出版、2002年。ISBN 4490105991 
    • 西藤清秀「三陵墓西古墳」

関連文献 編集

(記事執筆に使用していない関連文献)

関連項目 編集

外部リンク 編集