上原 彩子[1](うえはら あやこ、1983年12月22日 - )は、沖縄県那覇市出身の日本の女子プロゴルファー。所属はモスフードサービス。実姉はトライアスロン選手の千葉ちはる[2]、義兄(ちはるの夫)は同じくトライアスロン選手の千葉智雄[3]

No image.svg 上原 彩子 Golf pictogram.svg
Ayako Uehara
基本情報
名前 上原 彩子
生年月日 (1983-12-22) 1983年12月22日(36歳)
身長 160 cm (5 ft 3 in)
体重 52 kg (115 lb)
国籍 日本の旗 日本
出身地 沖縄県那覇市
経歴
プロ転向 2003年
LPGA入会2004年
LPGA76期
優勝数
日本LPGA 3
LPGAメジャー選手権最高成績
ANA T8(2018)
全米女子プロ T44(2013)
全米女子OP T20(2015)
全英女子OP T17(2013)
エビアン T10(2017)
成績
初優勝 フジサンケイレディスクラシック(2008)
世界ランク最高位 41位(2011年7月25日)
賞金ランク最高位 日本女子:12位 (2009)
全米女子:58位 (2013)
2019年10月20日現在
テンプレートを表示

略歴編集

おかやま山陽高等学校卒業[1]

12歳でゴルフを始める[1]

アマチュア時代の主な成績として、1998年「日本ジュニアゴルフ選手権競技」(女子12歳〜14歳の部)優勝、2002年「日本女子アマチュアゴルフ選手権競技」優勝等があり、2000年から2002年まではJGAナショナルチーム入りを果たしている[4]

また1999年には「ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント」のアマチュア選手権大会に優勝している[5]

2003年からTPD単年登録者として(呼称は当時、後述のプロテスト合格までの間)日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)ツアーにプロとして参戦[5][6]。同年10月の「日本女子オープンゴルフ選手権競技」では3位タイになる[7]

2004年JLPGA最終プロテストに進出しトップ合格[8]。JLPGA76期生となる[1]。同年ステップ・アップ・ツアー「ヴァーナルカップ」において下部ツアーながらプロ初優勝を果たす[9]

2005年はJLPGAツアー「カトキチクイーンズゴルフトーナメント」2位等があり[10]、年間獲得賞金ランキング(賞金ランク)46位で自身初のシード入り[11]

2006年は賞金ランク35位、2007年は賞金ランク25位[11]

2008年4月のJLPGAツアー「フジサンケイレディスクラシック」同ツアー初勝利[12]、同年は自身最高額となる¥63,308,049を稼ぎ賞金ランク14位[11]

2009年3月のJLPGAツアー「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」で同ツアー2勝目[13][注 1]。同年は自身最高位となる賞金ランク12位となった[11]

2010年は賞金ランク16位[11]

2011年7月のJLPGAツアー「日医工女子オープンゴルフトーナメント」で同ツアー3勝目[14]、賞金ランク16位[11]。同年の7月25日付女子ゴルフ世界ランキングで自身最高位となる41位にランクされた[15]

2012年は賞金ランク26位で、この年まで8年連続賞金シードを獲得した[11]。同年全米女子プロゴルフ協会(USLPGA)のQTを受験し3位で通過した[16]

2013年はJLPGAツアー14試合出場で[17][注 2]、賞金ランク53位[11]。同年は並行してUSLPGAツアー参戦[18]、6月の「NWアーカンソー選手権」最終日17番ホールでホールインワンを達成した[19]。最終的に16試合に出場し、賞金ランク58位[18]

2014年からUSLPGAツアーに本格参戦、同年は賞金ランク64位、2015年は賞金ランク79位[18]

2016年8月のUSLPGAツアー「カナディアンパシフィック女子オープン」3日目の11番ホール、最終日の8番ホールで共にホールインワンを達成、1大会で2度のホールインワンは同ツアー史上4人目の快挙となった[20]。同年は賞金ランク78位[18]

同年11月11日のJLPGAツアー「伊藤園レディスゴルフトーナメント」において、自身の勘違いから68罰打を科せられる前代未聞の事態が起きた[21]。初日のスコアは「141」(69オーバー)となり、18ホールの同ツアー史上ワーストストロークを記録した[21][注 3]

2017年は賞金ランク60位[18]

2018年4月のUSLPGAツアー「ANAインスピレーション」で同ツアーメジャー大会の自身最高位となる8位でフィニッシュ、最終的に賞金ランク63位[18]

人物編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ この大会は荒天の影響により最終日が中止となり2日間競技となった
  2. ^ ミズノクラシックはUSLPGAツアーからの出場資格で参戦したため、JLPGAツアーの試合数から除く
  3. ^ コースコンディション不良となった初日、芝を短く刈り上げた区域では罰打なしで、ボールを拾い上げて拭き、元の位置にリプレースできるローカルルールが適用されていたが、上原は「1クラブ以内の範囲に置き直せる」と勘違いしてプレー。このローカルルールの違反は2罰打で、2罰打×19回=38罰打、スコアの過少申告(2罰打)×15ホール=30罰打とされ、計68罰打が科せられた

出典

  1. ^ a b c d 上原 彩子 プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月20日閲覧。
  2. ^ 上原彩子 プロフィール”. ゴルフダイジェスト・オンライン. 2019年10月20日閲覧。
  3. ^ チーム ゴ〜ヤ〜”. RIOGRANDE (2007年6月22日). 2019年10月20日閲覧。
  4. ^ 上原 彩子選手のプロフィール”. JGA. 2019年10月20日閲覧。
  5. ^ a b アマ大会出身のプロ選手”. ダイキン工業. 2019年10月20日閲覧。
  6. ^ 上原 彩子 年度別大会成績2003”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月20日閲覧。
  7. ^ 【2003】日本女子オープンゴルフ選手権競技”. 日本女子プロゴルフ協会 (2003年10月5日). 2019年10月20日閲覧。
  8. ^ 最終プロテスト 開催”. 日本女子プロゴルフ協会 (2014年7月28日). 2019年10月20日閲覧。
  9. ^ 【2004】ヴァーナルカップ”. 日本女子プロゴルフ協会 (2004年3月15日). 2019年10月20日閲覧。
  10. ^ 【2005】カトキチクイーンズゴルフトーナメント”. 日本女子プロゴルフ協会 (2005年5月1日). 2019年10月20日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h 上原 彩子 プロフィール詳細の生涯成績・記録を参照
  12. ^ フジサンケイレディスクラシック 最終日”. 日本女子プロゴルフ協会 (2008年4月27日). 2019年10月20日閲覧。
  13. ^ ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 最終日”. 日本女子プロゴルフ協会 (2009年3月22日). 2019年10月20日閲覧。
  14. ^ 【2011】日医工女子オープンゴルフトーナメント”. 日本女子プロゴルフ協会 (2011年7月3日). 2019年10月20日閲覧。
  15. ^ Rankings2011-07-25” (英語). Women's World Golf Rankings (2011年7月25日). 2019年10月20日閲覧。
  16. ^ 米女子ツアーの1年で上原彩子が得たもの”. エキサイトニュース (2013年12月3日). 2019年10月20日閲覧。
  17. ^ 上原 彩子 年度別大会成績2013”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月20日閲覧。
  18. ^ a b c d e f Bio | AYAKO UEHARA” (英語). LPGA. 2019年10月20日閲覧。
  19. ^ 有村はパットに苦しみ7位 上原はホールインワンに「最高でした!」”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2013年6月24日). 2019年10月20日閲覧。
  20. ^ 上原彩子連日のホールインワン”. 日刊スポーツ (2016年8月29日). 2019年10月20日閲覧。
  21. ^ a b 史上ワーストの「141」 上原彩子に前代未聞の68罰打”. ゴルフダイジェスト・オンライン (2016年11月12日). 2019年10月20日閲覧。

外部リンク編集