メインメニューを開く

上山博康

上山 博康(かみやま ひろやす、1948年 - )は、日本の脳神経外科医。禎心会脳疾患研究所所長、旭川赤十字病院脳神経外科顧問、札幌北脳神経外科顧問、コスモ脳神経外科顧問。

かみやま ひろやす
上山 博康
生誕 1948年(69–70歳)
日本の旗 日本 青森県
出身校 北海道大学

目次

来歴編集

1948年(昭和23年)、青森県三戸郡五戸町生まれ。

幼い時から絵が得意で、高校時代には美術の教師に画家を目指すべきではと言われるほどだった。しかし高校時代には画家と飛行機を作る技術者という夢があり、進路に悩んでいた。そんな時に週刊誌に「交通事故の多発により脳を損傷し死亡する人が多くなっており、日本にはもっと優秀な脳外科医が必要」と書いてあったのを読み、脳外科医を目指した。

1967年北海道大学医学部に入学。1973年に同大学を卒業すると同大学の脳神経外科学教室に入局。その後旭川釧路美唄などの関連医療施設で6年研修した。旭川赤十字病院で研修中には毎晩顕微鏡を使い、ネズミ血管を縫う練習をした。その後函館国立療養所脳神経外科を新設するために赴任した。

1980年、伊藤善太郎に弟子入りするために国立療養所から秋田脳血管研究所へ転勤した。伊藤の死後、1985年に、北海道大学に戻り脳神経外科助手になった。その後は、藤田保健衛生大学佐野公俊に手術の相談や指導などを受けるようになる(上山は番組内で佐野の事を兄弟子と呼んでいたくらいである[1])。

そして旭川赤十字病院脳神経外科部長になり、「人生を手術する」をモットーに自分の力が必要と言われれば日本中の病院に足を運び、脳血管手術や脳腫瘍の摘出手術などを手がける。特に脳動脈瘤のクリッピング手術では年間300件・累計20,000近い手術を行い、「脳血管に関わる手術で日本一」「匠の手を持つ脳外科医」と呼ばれるようになり、全国から患者が訪れるようになった。また絵の才能を生かし、医学の専門書の脳手術のイラストや手術器具の開発にも力をいれている。特に上山式ハサミは今や全国の脳外科医が使っており、脳外科手術のイラストも医学書に使われている。脳腫瘍の権威である福島孝徳も上山の腕を認めており番組内で「もし僕が脳血管の手術を受けるなら上山先生にしてもらう」と発言しており、同番組では福島が主催した脳外科医のセミナーに上山が講師として招かれた模様も放送された[2]

2012年4月より、社会医療法人禎心会脳疾患研究所に設けられた「上山博康脳神経外科塾」の総帥として、若手脳神経外科医を養成しており、同脳疾患研究所の所長に就任した。

趣味はフライフィッシング

出演番組編集

他多数

脚注編集

外部リンク編集