メインメニューを開く

下地亜記子(しもじ あきこ、1943年12月5日 - 2016年11月17日[1])は、日本の作詞家三重県出身。

目次

略歴編集

  • 上京後、学習研究社勤務を経てコピーライターに。その後、デザイン編集事務所を設立。
  • 離婚後、家に居られて子育てしながら食べていく必要に迫られ作詞の勉強を始めた。
  • 1983年、東京ロマンチカの「また逢えるような顔をして」で作詞家デビュー。
  • 2016年11月17日、肺がんにより死去。72歳没[1]。デビュー曲を提供された市川由紀乃はブログで「下地先生との思い出を大事に、私は、歌い続けてまいります。」とコメントした[2]。また、水森かおりは「先生の作品をこれからも大切に歌い続けます!」[3]山内惠介は「先生、素晴らしい作品をどうもありがとうございました。これからもずっと、大切に歌い続けます。」[4]北山たけしは「先生が心を込めて作ってくれた曲を大切に歌って行きたいと思います。」[5]花咲ゆき美は「下地先生のあの優しい話し方や笑顔を忘れません! 先生、本当にありがとうございました。」[6]と、それぞれブログでコメントした。

作詞楽曲編集

出典編集

外部リンク編集