メインメニューを開く

下河辺 三史(しもこうべ さんし、1911年10月16日 - 1993年1月17日)は、日本実業家

目次

来歴編集

日本鉱業(現・JXTGエネルギー)の社長を務めた下河辺建二の次男として東京府(現・東京都)に生まれる[1][2][3]。兄の下河辺孫一下河辺牧場の創業者となっている[1][2][3][4]

1932年高千穂高等商業学校(現・高千穂大学)を卒業して日立製作所に入社[3]立憲政友会所属の衆議院議員芦田均の長女・美世と結婚し、3男をもうけた[3][4][5]

戦後、義父の芦田が幣原内閣厚生大臣として入閣すると、日立を退社して厚相秘書官となる[3][5]。芦田が片山哲内閣外務大臣就任にともない外相秘書官[3]芦田内閣発足と同時に首相秘書官となった[3][4]

その後、日立グループの商社・日製産業(現・日立ハイテクノロジーズ)に取締役営業部長として入社[3]1959年常務に就任[3]。その後1964年専務となり、1965年7月社長に就任[3][4][5]。1968年からは日立リース(現・日立キャピタル)取締役も兼任した。その後1981年6月会長に[3]1985年相談役に退いた。

親族編集

父・建二は大阪府の医師・下河辺俊斎の次男[1][2]

山下汽船(現・商船三井)常務や山栄船舶社長等を務めた漆野寿一は義兄[1][3]

長男の下河辺元春国際政治学者進藤榮一とともに「芦田均日記」の編纂をしたことで知られている[3][5]。また、三男は音楽プロデューサー下河辺晴三[3][4]

下河辺牧場代表の下河辺俊行は甥(孫一の長男)で[3]心理学者小沢牧子は姪(孫一の次女)[3][4]

都市計画家下河辺淳は従弟[脚注 1]

参考文献編集

  • 『人事興信録 第14版 上』 人事興信所、1943年10月1日発行、シ85頁
  • 『人事興信録 第15版 上』 人事興信所、1948年9月1日発行、シ20頁
  • 佐藤朝泰 著 『閨閥 日本のニュー・エスタブリッシュメント立風書房1981年10月30日第1刷発行、292-294頁
  • 『財界家系譜大観 第6版』 現代名士家系譜刊行会、1984年10月15日発行、432頁
  • 『財界家系譜大観 第7版』 現代名士家系譜刊行会、1986年12月10日発行、382頁
  • 『財界家系譜大観 第8版』 現代名士家系譜刊行会、1988年11月15日発行、404頁
  • 『週刊 池上彰と学ぶ日本の総理 30 幣原喜重郎・片山哲・芦田均』 小学館2012年8月21日発行、25頁

脚注・出典編集

[ヘルプ]

脚注編集

  1. ^ 淳の父・収は俊斎の六男であり[2]、建二の弟にあたる[1][2]

出典編集

  1. ^ a b c d e 『人事興信録 第14版 上』、シ85頁。
  2. ^ a b c d e 『人事興信録 第15版 上』、シ20頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『財界家系譜大観』 第6版 - 第8版。
  4. ^ a b c d e f 佐藤 『閨閥』、293頁。
  5. ^ a b c d 『池上彰と学ぶ日本の総理 30』、25頁。