下石神井

東京都練馬区の町名
日本 > 東京都 > 練馬区 > 下石神井

下石神井(しもしゃくじい)は、東京都練馬区町名住居表示実施済み区域。現行行政地名は下石神井一丁目から下石神井六丁目。郵便番号は177-0042[3]

下石神井
ちひろ美術館・東京
ちひろ美術館・東京
下石神井の位置(東京都区部内)
下石神井
下石神井
下石神井の位置
北緯35度43分40.35秒 東経139度36分10.23秒 / 北緯35.7278750度 東経139.6028417度 / 35.7278750; 139.6028417
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Nerima, Tokyo.svg 練馬区
面積
 • 合計 1.165km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[2]
 • 合計 18,092人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
177-0042[3]
市外局番 03[4]
ナンバープレート 練馬

地理編集

練馬区南部に位置する。北部を石神井町、南部を杉並区井草上井草、東部を南田中、西部を上石神井上石神井南町と接する。

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
下石神井一丁目 1,291世帯 2,740人
下石神井二丁目 1,494世帯 3,233人
下石神井三丁目 1,099世帯 2,410人
下石神井四丁目 1,928世帯 3,527人
下石神井五丁目 1,258世帯 2,657人
下石神井六丁目 1,556世帯 3,525人
8,626世帯 18,092人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
下石神井一丁目 全域 練馬区立下石神井小学校 練馬区立石神井南中学校
下石神井二丁目 全域
下石神井三丁目 1〜10番
16~22番
26~37番
その他 練馬区立南田中小学校 練馬区立南が丘中学校
下石神井四丁目 全域 練馬区立下石神井小学校 練馬区立石神井南中学校
下石神井五丁目 全域
下石神井六丁目 1〜33番
その他 練馬区立石神井小学校

地価編集

住宅地の地価は、2015年平成27年)1月1日公示地価によれば、下石神井5-18-15の地点で42万3000円/m2となっている。[6]

歴史編集

旧・武蔵国豊島郡下石神井村1889年明治22年)、下石神井村は町村制施行により石神井村大字下石神井となる。1932年昭和7年)、東京市編入に伴い板橋区下石神井一丁目および二丁目となった。この当時の下石神井一・二丁目は現行の下石神井一〜六丁目、石神井町一〜八丁目、上石神井南町を含む広大な区域であった。1970年(昭和45年)1月1日の住居表示実施により、(旧)下石神井二丁目の大半が石神井町一〜八丁目となった。1973年(昭和48年)8月1日の住居表示実施により、(旧)下石神井一丁目の大部分の地域に、南田中町の一部を編入して境界整理を行い、現行の下石神井一丁目から六丁目までが誕生した。以後、1984年までは新旧の下石神井一丁目が並存していたが、(旧)下石神井一丁目の残りの部分は1984年6月1日の住居表示実施により上石神井南町に変更された。

交通編集

鉄道編集

駅は設置されていない。隣接する杉並区上井草に上井草駅が設置されている。他に練馬区内の上石神井駅石神井公園駅も利用される。また、バスから乗り継いで荻窪駅も利用される。

バス編集

  • バス停:下石神井坂下・下石神井一丁目・喜楽沼(いずれも各下り方面(石神井公園方面)行き)

道路編集

施設編集

脚注編集

  1. ^ 練馬区統計書 - 町丁別土地面積、気温、降水量の推移、住民基本台帳による世帯数と人口など”. 練馬区 (2016年10月1日). 2018年1月4日閲覧。
  2. ^ a b 世帯と人口(人口統計) - 町丁目別”. 練馬区 (2017年12月5日). 2018年1月4日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月4日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月4日閲覧。
  5. ^ 区立小中学校 学区域一覧”. 練馬区 (2017年8月24日). 2018年1月4日閲覧。
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査