メインメニューを開く

世界でバカウケJAPAN』(せかいでバカウケジャパン)とは、フジテレビ系列2014年8月17日から不定期放送されているバラエティ番組である。

世界でバカウケJAPAN
ジャンル バラエティ番組 / 特別番組
出演者 谷原章介
天野ひろゆきキャイ〜ン
ほか
ナレーター 野沢雅子
制作 関西テレビ(カンテレ)
フジテレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2014年8月17日 -
放送時間 不定期放送
回数 4
世界でバカウケJAPAN
第1弾
放送期間 2014年8月17日
放送時間 日曜日 16:05 - 17:20
放送枠 日曜スペシャル (フジテレビ)
放送分 75分
回数 1
第2弾
放送期間 2015年4月19日
放送時間 日曜日 16:05 - 17:20
放送枠 日曜スペシャル (フジテレビ)
放送分 75分
回数 1
第3弾
放送期間 2015年9月22日
放送時間 火曜日 21:00 - 22:48
放送分 108分
回数 1
第4弾
放送期間 2016年4月17日
放送時間 日曜日 16:05 - 17:20
放送枠 日曜スペシャル (フジテレビ)
放送分 75分
回数 1
テンプレートを表示

概要編集

世界の国々でバカウケ(=流行)している日本の“意外なモノ”を調査し、紹介するバラエティ番組。

「日本で当たり前に見かけるモノが、なぜ世界でバカウケしているのか?」をコンセプトにその驚きの理由を徹底調査して、人気の秘密が探る。

第3弾では、当番組では初のゴールデンタイムプライムタイムで放送された。

出演者編集

放送日・ゲスト一覧編集

回数 放送日 放送時間(JST ゲスト 備考
第1弾 2014年8月17日日曜日 16:05 - 17:20 日曜スペシャル』で放送
第2弾 2015年4月19日(日曜日)
第3弾 2015年9月22日(火曜日) 21:00 - 22:48
第4弾 2016年4月17日(日曜日) 16:05 - 17:20 『日曜スペシャル』で放送

ネット局と放送時間編集

スタッフ編集

第4弾放送
  • 構成:佐久間貴司、さいとうわに、やまだともカズ
  • ブレーン:鈴木一史、田中文章、永岑広憲、田中亮治
  • 技術プロデューサー:深谷高史
  • TD/SW:小川利行
  • CAM:木俣希
  • VE:原啓教
  • VTR:山下義子
  • MIX:松本良道
  • AUD:松原瑞貴
  • LD:合田憲司
  • ロケCAM:岸賢俊、宮下清仁
  • ロケAUD:安田進(安田すすむ)、中谷純一郎
  • 編集:仁部貴史、小野悟嗣
  • SE:片岡幸司
  • MA:右見嘉英
  • 美術プロデューサー:内藤佳奈子、永田道徳
  • デザイン:きくちまさと
  • 美術進行:山口武治
  • 大道具:福田智広
  • 大道具操作:成島好美
  • アクリル装飾:石橋誉礼
  • 装飾:牛沢直樹
  • 電飾:青木紀和
  • メイク:栗原佐代子
  • 視覚効果:高橋信一
  • タイトル・CG:塩見麻衣
  • 技術協力:ニユーテレス共立ライティングMABU、テレプロ、イングス、SOUND-K、ちゅるんカンパニー、グレートインターナショナル
  • 美術協力:フジアール、バンブルビー、チトセアート、ネクステージ、ヤマモリテレフィット、興進電化、テルミック、東京特殊効果、山田かつら
  • 協力:インパクト、ロボッツ、ワイズトラスト、フルタイム ほか
  • 宣伝:長谷川由紀・阿久津奈美(共にカンテレ)
  • 編成:小川悦司(カンテレ)
  • AP:佐藤恵理子
  • AD:榎浩太、中辻秀一、福田真実子
  • ディレクター:竹本聡志(メディアプルポ)、三橋秀登(インパクト)、秀島光樹(ロボッツ)、堀江拓真(メディアプルポ)、有本匡徳
  • 総合演出:高山浩児(メディアプルポ)
  • プロデューサー:東野和全(カンテレ)、増田幸一郎(メディアプルポ)、安田貞夫(インパクト)
  • 制作協力:メディアプルポ
  • 制作著作:カンテレ(関西テレビ放送)

脚注編集

外部リンク編集