世界史 (科目)

世界史(せかいし)は、高等学校に設置されている科目である。世界の歴史について学ぶ。現在は地理歴史科の中に設置され、必履修とされている。

目次

設置科目編集

  • 世界史A(標準単位数2単位)
  • 世界史B(標準単位数4単位)

世界史A・世界史Bから1科目が必履修。履修学年は指定されていない。なお「世界史A」は近現代史を中心とし、「世界史B」は通史を学ぶ。

高等学校科目「世界史」の変遷編集

社会科・世界史編集

第二次世界大戦終戦後の学制改革に伴い、新制高等学校が発足した。新制高校での世界史に関する科目は、社会科のもとに、当初は東洋史西洋史の2科目が設けられた。しかしこの2科目は1949年に統合されて「世界史」となった。

1960年に告示された学習指導要領(1963年度第1学年から適用)では、基本的な内容を扱う「世界史A」・発展的な内容を扱う「世界史B」の2科目に分けられた。1970年告示の学習指導要領(1973年度第1学年から適用)で、再び世界史は1科目に統一された。

地理歴史科・世界史編集

1989年告示の学習指導要領(1994年度第1学年から適用)で、高等学校社会科が再編され、従来の社会科は地理歴史科公民科の2科目に分割された。それに伴い、従来は社会科に属していた世界史は、地理歴史科の科目として学習するようになった。

また1989年告示の学習指導要領から、世界史科目は近現代史を中心とする「世界史A」と、通史を学ぶ「世界史B」の2科目体制になり、この2科目のうちから1科目を選択して必ず履修することとなった。その背景として、中学校において地理については地理的分野で学習するが、歴史的分野については日本史が中心であり、中学高校を通じて世界史を通史を体系的に学ぶ機会が高校の段階にしか存在せず、中学高校を通じて、世界史、日本史、地理について概観できるようにするためであるとされる。

世界史の必履修、および世界史の科目構成は、1998年告示・2003年度第1学年から適用された、現行の学習指導要領にも受け継がれ、2013年度から学年進行予定の新学習指導要領においても引き続き必履修となった。

世界史未履修問題編集

ところが、実際には必履修とされている世界史を履修させていなかった高校が全国的に存在していたことが、2006年10月、報道機関や文部科学省の調査により明らかにされた[1]大学受験において世界史がそれほど重要な教科ではないことが原因とみられている。多くの高校では世界史の時間に英語数学等、大学受験において重視される科目を重点的に教えていた。学校によっては、通知表等で「世界史」と書かれていても、実際には地理等の他の科目にすり替えられて開講されたケースもある。

中学校での世界史学習編集

中学校では世界史に関する科目は独立して設置されていないが、社会科の歴史的分野の中で世界史に関する内容についても触れる。近年の学習指導要領では世界史の内容が削減された。

学習指導要領の目標では「我が国の歴史の大きな流れと各時代の特色を世界の歴史を背景に理解させ[2]」るとしている。学習指導要領では世界史にかかわる内容として、世界古代文明東アジアとのかかわり、市民革命産業革命を経た欧米諸国のアジアへの進出、近代日本の国際的地位の向上と大陸との関係、近現代の国際情勢などの内容を、日本史と関連させる形で学習することをねらっている。また、日本史と関連性の薄いものとして絶対王政宗教改革なども学習する。

世界史と「政治史」編集

高等学校に設置されている世界史は「政治史」と関わりが強い。科学史技術史文化史精神史宗教史経済史法制史などは「政治史」ほど扱われない。

世界史と「国家史」編集

山川出版社の教科書を著す羽田正東京大学教授は、「現在の世界史の見方は100年〜200年前と同じ。歴史学の根本にある世界観が19世紀のまま。歴史学も経済と同じで国家主義的である。」と語る[3]

脚注編集

  1. ^ この問題の詳細については、高等学校必履修科目未履修問題も参照されたい。
  2. ^ 1998年告示『中学校学習指導要領 第2章:各教科 第2節:社会 第2:各分野の目標及び内容[歴史的分野]』より
  3. ^ 日経ビジネス2010年3月号

関連項目編集