メインメニューを開く

丘の上のジョニー』(おかのうえのジョニー)は宝塚歌劇団ミュージカル作品。雪組[1]公演。

併演作品は『センセーション![1]』。

解説編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演のページを参照[2]

石坂洋次郎原作の「陽のあたる坂道」の舞台を1930年代アメリカボストンに置き換えた作品。女子大生のクリスティーンが家庭教師として訪れたマーガレット家には三人の子供がいた。医学生のアラン、画家志望のジョニー、足の不自由な高校生のスージー。しかしジョニーだけ母親が違っていた。そうすると、崩壊しやすい運命を持ちながら、それを乗り越えて逞しく生きていくジョニーを中心に、若者たちの青春の姿を描いている。

公演期間と公演場所編集

  • 1978年6月30日 - 8月8日[2](第一回・新人公演:7月11日[3]、第二回・新人公演:7月20日[3]) 宝塚大劇場
  • 1978年11月2日 - 11月27日[4](新人公演:11月12日[3]) 東京宝塚劇場

主な配役編集

※役名の「()」は原作の登場人物に相当

宝塚大劇場公演のデータ編集

形式名は「石坂洋次郎「陽のあたる坂道」より ミュージカル・プレイ[2]」。18場[2]

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 100年史(舞台) 2014, p. 146、215.
  2. ^ a b c d e 100年史(舞台) 2014, p. 146.
  3. ^ a b c d e f g h i 100年史(舞台) 2014, p. 295.
  4. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 215.
  5. ^ a b c d e f g 100年史(人物) 2014, p. 198.
  6. ^ a b c d e f g 100年史(人物) 2014, p. 199.

参考文献編集

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14601-0