メインメニューを開く

中央合同庁舎第1号館(ちゅうおうごうどうちょうしゃだいいちごうかん、Central Gov't Bldg. No.1)は、東京都千代田区霞が関一丁目にある日本の中央省庁合同庁舎

中央合同庁舎第1号館
Central Government Building No.1
Central Gov't Bldg 1.jpg
情報
用途 官庁庁舎
設計者 建設大臣官房官庁営繕部
施工 鹿島建設[1]
管理運営 農林水産省国土交通省
構造形式 SRC造
建築面積 5,984 m²
※本館
延床面積 48,009 m²
※本館
階数 地上8階・地下1階
竣工 1957年
所在地 東京都千代田区霞が関1-2-1
座標 北緯35度40分26秒 東経139度45分6.1秒 / 北緯35.67389度 東経139.751694度 / 35.67389; 139.751694座標: 北緯35度40分26秒 東経139度45分6.1秒 / 北緯35.67389度 東経139.751694度 / 35.67389; 139.751694
テンプレートを表示

目次

概要編集

かつて旧海軍省本館があった場所に建設された、戦後初の本格的官庁建築にして初の中央合同庁舎である。上空から見るとアルファベットの「E」の形に建物が建てられており、本館の背後に別館と北別館が配置されている。

「職務能率の向上と、公衆の利便を最重点に置いた、簡潔明快な思想で貫かれた庁舎」という方針を元に1949年昭和24年)に計画され、1954年(昭和29年)に本館が落成。続いて北別館は1964年(昭和39年)に落成し、別館が1965年(昭和40年)に落成した。建築面積は4713m2である。

2018年(平成30年)、別館の南側に中央官衙地区初の木造耐火建築物)庁舎となる「南別棟」が建設された。アソシエ・インターナショナルが運営する農林水産省の事業所内保育所「アソシエナーサリー霞が関」が開設されている[2]

入居機関編集

 
第1号館本館(南西側より)

このほか、庁舎内に霞ヶ関郵便局が所在する。同郵便局は、一般利用者も特に制限なく利用可能である。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集