中山 圭以子(なかやま けいこ、1964年8月28日 - )は、東京都出身の歌手、元アイドル歌手(旧芸名中山 圭子)。アイドル当時の所属事務所は、サンミュージックプロダクション。父は俳優の佐竹明夫。母方の祖父は映画監督の冬島泰三[1]

中山圭以子
出生名 中山 圭以子
(なかやま けいこ)
別名 けいちゃん
けいこおねえさん
生誕 (1964-08-28) 1964年8月28日(56歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
職業 歌手
活動期間 1980年 -

来歴・人物編集

1975年、父の佐竹明夫と共に出演したフジテレビオールスター家族対抗歌合戦』がきっかけでスカウトされる。1976年、本名の中山圭以子名義で太田裕美作詞の「そよ風のベンジー」(アメリカ映画『ベンジー』の日本公開時のタイアップ主題歌)を歌い、CBSソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)から歌手デビューした。中学時代は学業に専念するため、学研の学習雑誌のモデルをする以外は芸能活動をセーブしたが、サンミュージックプロダクションからスカウトを受け[1]、中学卒業と共にアイドル歌手としてデビューする事が決定した。

1980年酒井政利プロデュース、阿木燿子作詞、南こうせつ作曲による楽曲「パパが私を愛してる」で、CBSソニーからアイドル歌手中山圭子としてデビュー。このデビュー曲にはユニリーバのシャンプー「ティモテ」のCMタイアップを付ける予定だったが、デビュー直前になってシャンプーに国内未認可の成分が含まれている事が判明し、CM放送が中止されるアクシデントが発生。タイアップ戦略を失ったこともあり、デビュー曲はヒットしなかった[2]。2曲目は本人出演のタイガー魔法瓶のCMタイアップ曲としてリリースされたが、これもヒットしなかった。

1981年、サンミュージックを退社し、芸能活動を休止[3]。『オールスター家族対抗歌合戦』の審査員だった声楽家立川清登に弟子入りし、声楽を学ぶ[3]1982年、立川の個人事務所から中山圭以子名義で再デビュー。1984年から1988年まで、NHK教育テレビなかよしリズム』で歌のお姉さんとしてレギュラー出演。その後は童謡等を歌うファミリーコンサートを行った[3]

エピソード編集

  • 中山がサンミュージックにスカウトされた際の契約条項には、自身のデビューにあたり2年間は他の新人歌手をデビューさせないという誓約が含まれていたという。このとき、サンミュージックの新人には2歳上の松田聖子がいた。松田の歌手デビューは上記誓約により後回しとなる予定だったが、1980年2月に中山のデビューが失敗に終わった結果、急遽、松田に資金を投じて歌手デビューさせる方針が打ち出され、同年4月に松田がデビューした。中山はこの方針転換を快く受け入れたという。
  • 1980年放送の『オールスター紅白大運動会』にて、中山と松田は100m競争で対戦した。その際、前方を走っていた松田が転倒したが、後方からきた中山がそれを避けきれず、中山の膝が松田の後頭部に直撃するというハプニングが発生。この場面は、後に『フジテレビ30年史』などの回顧番組で何度も取り上げられた[2]

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  • 中山圭以子名義
  1. 「そよ風のベンジー/アイ・ラブ・ティファニー」 (1976年7月21日/CBS/SONY/EP:06SH27)
  2. 「ふるさと野津」 (発売日不明。立川清登とのデュエット。大分県大野郡野津町のイメージソング)
  • 中山圭子名義
  1. 「パパが私を愛してる」 (1980年2月1日/CBS/SONY/EP:06SH707)
  2. 「タッチ・ユー/イマジーナ」 (1980年5月21日/CBS/SONY/EP:06SH773。映画『奇跡の人』イメージソング&タイガー魔法瓶CMソング)

アルバム編集

  1. 『アイドル・ミラクルバイブルシリーズ 808182 Girls ~中山圭子・嵯峨聖子・川田あつ子・百瀬まなみ~』 (2008年3月11日/SONY MUSIC ENTERTAINMENT)

出演番組編集

脚注編集

  1. ^ a b ヒストリー第一話
  2. ^ a b ヒストリー 第二話
  3. ^ a b c ヒストリー第三話

外部リンク編集

先代:
岡崎裕美
幼稚園・保育所向けの時間
音楽番組のお姉さん
1984年 - 1987年
同代:土居裕子
次代:
前川礼美