オールスター家族対抗歌合戦

オールスター家族対抗歌合戦』(オールスターかぞくたいこううたがっせん)は、1972年10月1日から1986年9月28日までフジテレビで放送された、芸能人とその家族による歌合戦番組である。全699回。2016年よりBSフジで単発特別番組として放送されている。

オールスター家族対抗歌合戦
Former Fuji Television Headquarters.JPG
番組の収録が行われたフジテレビ旧社
ジャンル 音楽番組
放送時間 日曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1972年10月1日 - 1986年9月28日(699回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
プロデューサー 浜口哲夫
出演者 司会
萩本欽一(1972.10.1 - 1984.6.24)
小川宏(1984.7.1 - 1986.9.28)
アシスタント 参照
審査員 参照
テンプレートを表示

目次

概要編集

1972年10月1日放送開始。毎週芸能人やその他著名人の家族が5組出場し、彼らが司会の萩本欽一との突っ込みありの爆笑トークを繰り広げた後に歌を披露していた。

萩本は放送開始から1984年6月24日放送分まで司会を担当。ヒデとロザンナ一家や、当時フジテレビのアナウンサーだった逸見政孝一家なども出場していた。

ちなみに、萩本にとっては日本テレビ系『スター誕生!』及びこの番組の前身番組である『世紀のびっくりショー』に続いてコント55号を離れた一人仕事であり、その後の彼のスタイルである"素人いじり"の原点がこの番組である。

取り上げられる歌は、当時の代表的な歌謡曲のほか、子供向けの歌(子連れの場合)、懐メロなども多かった。フジテレビ以外の番組のテーマ曲や、懐メロを子供も含む家族みんなで歌うこともあった。一方で、フジテレビの番組らしく「飛び出せヤクルトスワローズ」が歌われることもあった。

また、オープニングに流れる『ドレミの歌』の替え歌(タイトルコール後、最初にダン池田ティンパニで「ドレミファソラシドレ」の9音に続き演奏開始)に乗って出演者が登場するのも定例で、引き続いて出演者に「ドレミファソラシド」を言わせながらスポンサークレジットとなっていた(初期には萩本ら司会陣が「ドレミファソラシ、ド〜♪」と締めくくっていた)。エンディングは番組独自のテーマソング[1](不定期に変更。視聴者への楽譜の配布もあった)で、始めは出演者全員で歌っているものの、途中からオランダチューリップ、風車など同国内各所の映像となり、最後に海外旅行タイアップのKLMオランダ航空の航空機の映像になっていた(スタッフロールは無く、そして画面下部に「制作・著作 フジテレビ」(1986年4月放送分からはCI導入で目玉マーク)のテロップ表示)。

1984年6月24日放送分をもって11年9か月間司会を務めた萩本欽一が卒業し、新司会者に『小川宏ショー』の司会者だった元NHKアナウンサーの小川宏を迎えたが、1986年9月28日放送分を最後に14年間の放送を終えた。なお、最終回を迎えたのは、放送700回まであと1回というところだった。

なお、番組はその後も同年7月から9月まで「終了特別企画」と銘打ち、同時間帯でプロ野球ナイター中継を挿みながらも出場家族の名場面などを放送していた。

ルール編集

  • 一回戦では各チームが一人ずつ3曲歌唱した。2チームが決勝に進出して(チーム全員で歌唱する)優勝を争った。優勝が決定すると、天井に吊るされていたくす玉が割られて大量の紙吹雪風船(子供たちへのプレゼント。風船は毎回参加者の子供たちが拾っている場面が放送され、その風船を持ち帰るのが定番であった)が降り、KLMオランダ航空で行く海外旅行(バンコク旅行)を獲得できた。
  • グランドチャンピオン大会では優勝チーム6組が進出し、3チームずつ2ブロックに分けられていた。一回戦では全員で歌を歌い、それぞれ1チームずつが決勝進出。決勝戦でも引き続き全員で歌い、グランドチャンピオンを決定。審査員長からゴールデントロフィーが手渡されてヨーロッパ旅行獲得となった。
  • まれに決勝に進出したチームの両方が優勝することもあった。決勝進出を逃したチームにも「ハッスル賞」「ユーモア賞」「アットホーム賞」があり、結果として出場全チームが必ず何かの賞を貰うことができた。それぞれの賞受賞チームにも、協賛各社提供による商品(東鳩製菓のお菓子詰め合わせ、フランスベッドの寝具他)が贈呈された。一時萩本時代末期、2代目司会者小川宏時代初期には全チームの歌が終わった後に優勝チームを決めるルールがあった。
  • なお中期からは、一定のテーマに沿った家族が出場する「スペシャル大会」が年に何回か行われていた。音痴芸能人や家族が出場する「かわいそう家族大会」では、細川たかしの実父・松次郎や斉藤清六が常連として出場していた。

セット編集

ブルーバックにY字型の電飾があり、それと同じ位置にオーケストラピットが位置していた。また、審査員席は客席の最前列に位置していた。さらに番組初期においては、ステージ奥上方(ホリゾント)部に天井から吊り下げた「オールスター家族対抗歌合戦」のタイトルロゴとスポンサー名が書かれていた。

出演者編集

司会編集

アシスタント編集

萩本司会時代

テレビ朝日系『クイズタイムショック』の歴代アシスタントの一人・高木しげみ(旧姓名・高山しげみ)とは別人。 

小川司会時代

審査員編集

など
1994年の復刻版

スタッフ編集

  • コーラス:サンフラワーズ
  • 演奏:ダン池田とニューブリード
  • 構成:塚田茂、柴田昭
  • 音楽:半間巌一、小泉宏
  • ディレクター:小池比呂志
  • プロデューサー・ディレクター:浜口哲夫

テーマソング編集

「みんなで幸せ!」
作詞:芳野薫 / 作曲:佐藤義彦
「歌声とんでゆけ!」
作詞:芳野薫 / 作曲:佐藤義彦
「笑顔が大好き」
作詞:松本ひとみ / 作曲:小泉宏

放送時間編集

いずれもJST、フジテレビでの放送時間。

  • 日曜 20:00 - 20:56(1972年10月 - 1973年9月)
  • 日曜 20:00 - 20:55(1973年10月 - 1975年9月)
  • 日曜 20:00 - 20:54(1975年10月 - 1986年9月)

ネット局編集

系列は放送終了時点のもの。遅れネットの放送局では主に週末の昼に放送された。

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 制作局
北海道 北海道文化放送
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
1975年3月までは日本テレビ系単独加盟局
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列 1980年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
宮城県 仙台放送 フジテレビ系列
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
1981年3月までフジテレビ系単独加盟局
山形県 山形テレビ フジテレビ系列 1975年4月から1980年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局[4]
福島県 福島テレビ 1975年10月より[5]
1983年3月まではTBS系列とのクロスネット局
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列 1981年3月までは日本テレビ系列・テレビ朝日系列とのトリプルネット局
1983年9月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県鳥取県 山陰中央テレビ
広島県 広島テレビ 日本テレビ系列
フジテレビ系列
1975年9月まで
テレビ新広島 フジテレビ系列 1975年10月開局から
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
1978年9月まではテレビ朝日系列とのトリプルネット局[6]
岡山県
岡山県・香川県
岡山放送 フジテレビ系列 1979年3月までの放送エリアは岡山県のみ
1979年3月まではテレビ朝日系列とのクロスネット局
香川県 瀬戸内海放送 テレビ朝日系列 1979年3月の岡山・香川の電波相互乗り入れまで
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
愛媛県 愛媛放送 フジテレビ系列 現・テレビ愛媛
高知県 高知放送 日本テレビ系列
福岡県 テレビ西日本 フジテレビ系列
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
土曜昼(後に日曜昼)放送
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
テレビ朝日系列
1982年3月までは日本テレビ系列とのトリプルネット局[7]
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
宮崎県 テレビ宮崎 1975年3月頃は月曜20時から、1981年9月頃は日曜10時からの時差ネット
1981年10月から当番組終了までは金曜19時からの時差ネット
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
1982年9月までテレビ朝日系列とのトリプルネット局
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列

その他編集

BSフジでの復活特番編集

2016年よりBSフジにて、地上波レギュラー時代のフォーマットをそのまま踏襲した特別番組として放送されている。司会は、萩本の弟子で本番組にも出演経験のある東貴博Take2)が務め、アシスタントは、出演にあたり2代目アシスタント・あさかまゆみ(朝加真由美)の長女であることが明かされた[10]手塚真生が務めている[11]

地上波レギュラー時代と同じくKLMオランダ航空が協賛しており、優勝チームには、同航空からの海外旅行が贈呈される。また優勝決定の祝賀はくす玉ではなくカノン砲で紙吹雪と紙テープを降らせるやり方に代わった。

スタッフ
  • EDテーマ:テツandトモ「おんなじ空の下」
  • バックバンド:小泉雄三とファミリー
  • 音楽協力:タバタ音楽事務所
  • プロデュース:加茂裕治(東京フィルム・メート)、野畑政彦(メディアンスフリー)、大原信次(ジェイミック)
  • プロデュース・総合演出:浜口哲夫(にっぽん市)
  • 製作著作:BSフジ

復活!オールスター家族対抗歌合戦編集

2016年7月16日にその第1弾として『復活!オールスター家族対抗歌合戦』が放送された(19:00 - 20:55)。

新春スペシャル!オールスター家族対抗歌合戦編集

2017年1月2日にその第2弾たる新春特別番組『新春スペシャル!オールスター家族対抗歌合戦』として放送された(19:00 - 21:55)。

オールスター家族対抗歌合戦・夏休みスペシャル!編集

2017年8月19日19:00 - 20:55に第3弾が放送された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 代表的なものに、1978年の坂下裕子の「歌声とんでゆけ」⇒「みんなで幸せ」や、1981年の「ドレミの丘」、1982年の「笑顔が大好き」があるが、特に人気[要出典]なのはヘ長調の「笑顔が大好き」。なお「みんなで幸せ」は、1996年4月24日キングレコードから発売されたCD「テレビ主題歌(黄金時代)〜アニメ&バラエティ編〜」に収録されている。
  2. ^ 在任中の1985年12月31日没。翌年1月13日の放送で、番組異例の「追悼特集」が放送された。近江俊郎が出演者代表で弔辞を読み号泣した。
  3. ^ 東八郎一家も実際に出場していた。次男である東貴博の秘蔵映像として6歳(1976年)から15歳(1985年正月SP)当時の映像が『フジテレビ50ッスth!』などで流されていた。
  4. ^ 1980年3月までは同時ネットで放送されていたが、同年4月に山形県のANN加盟局が山形放送(日本テレビ系とのクロスネット局)に移行されると同時に、山形放送のゴールデンタイム枠がテレビ朝日系列番組の同時ネットに変更されたのに伴い、山形テレビの日曜 19:00 - 21:00枠は日本テレビ系列番組同時ネットに変更された。これにより日曜 11:00 - 11:54から一週遅れの時差ネットに移行した。山形テレビの同年4月から1993年3月までの日曜夜8時枠は日本テレビ系列同時ネットになり、フジテレビ系日曜夜8時枠は『ダウンタウンのごっつええ感じ』まで遅れネットが続いた。山形テレビは1993年4月からはテレビ朝日系列ネットチェンジした。
  5. ^ 「福島民報」1975年10月4日。1983年3月までは土曜12:00 - 12:55の時差ネットで放送していたが、FNNに移行した1983年4月より同時ネットになった。
  6. ^ 土曜日19:00 - 19:54枠
  7. ^ 九州地区の日テレ・フジクロスネット局の中で、唯一当番組を同時ネットしていた。ちなみに、他の局は日本テレビの番組(天才・たけしの元気が出るテレビ!!など)を同時ネットしていた。
  8. ^ 特に若原一郎が没した際、若原が出門英と一緒に狩人の「あずさ2号」を歌う場面や、若原夫婦とヒデとロザンナが共演する場面が流れた。
  9. ^ 出演当時、逸見はフジテレビのアナウンサーだった。
  10. ^ 手塚真生、朝加真由美の長女だった!母娘で「オールスター家族対抗歌合戦」アシスタント - 映画.com 7月14日(木)5時0分配信
  11. ^ “伝説の家族番組!欽ちゃん歌合戦、弟子の東貴博で30年ぶり復活”. サンケイスポーツ. (2016年6月5日). http://www.sanspo.com/geino/news/20160605/geo16060505050004-n1.html 2016年6月5日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集

フジテレビ系列 日曜20時台
前番組 番組名 次番組
オールスター家族対抗歌合戦
(1972.10 - 1986.9)
フジテレビ系列 日曜20:54 - 20:55枠
世紀のびっくりショー
(20:00 - 20:56)
オールスター家族対抗歌合戦
(1972.10 - 1975.9)
【さらに1分縮小して継続】
FNNニュース
(20:54 - 21:00)
【1分拡大して継続】
フジテレビ系列 日曜20:55 - 20:56枠
世紀のびっくりショー
(20:00 - 20:56)
オールスター家族対抗歌合戦
(1972.10 - 1973.9)
【1分縮小して継続】
FNNニュース
(20:55 - 21:00)