中沢 正隆(なかざわ まさたか、1952年9月17日[1] - )は、日本の物理学者エルビウム添加光ファイバ増幅器の開発で知られる。山梨県中央市生まれ。

経歴編集

山梨県東八代郡豊富村生まれ[2]。1971年山梨県立甲府南高等学校卒業[3]。1975年金沢大学工学部電子工学科卒業。1977年東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了[4][5]。1980年東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程修了[4]、東京工業大学工学博士[6]

1980年日本電信電話公社入社、茨城電気通信研究所。1984年‐85年MIT電子工学研究所客員研究員。1989年日本電信電話伝送システム研究所グループリーダ。1994年日本電信電話研究開発本部特別研究員[4]。1999年NTTR&Dフェロー、東北大学電気通信研究所客員教授[7]

2001年東北大学電気通信研究所教授に就任。2008年東北大学Distinguished Professor (DP)[7]。2010年東北大学電気通信研究所長。2011年東北大学電気通信研究機構長、国立大学附置研究所・センター長会議会長。2012年東北大学総長補佐、東北大学国際高等研究教育機構長[7]

2018年金沢大学理事(産学連携・高等教育改革担当)[4]、東北大学電気通信研究機構特任教授 ディスティングイッシュトプロフェッサー。2019年電子情報通信学会会長。IEEEフェロー、アメリカ光学会フェロー、電子情報通信学会フェロー、電子情報通信学会名誉員、応用物理学会フェロー[7]

受賞・叙勲編集

論文・予稿・寄稿文編集

  • 中沢正隆「光後方散乱法による偏波保持光ファイバの偏波モ-ド結合係数の測定」『光学』第14巻第5号、応用物理学会分科会日本光学会、1985年10月、 350-358頁、 ISSN 03896625NAID 40001174233
  • 中沢正隆「光ファイバー中の非線形光学」『応用物理』第56巻第10号、応用物理学会、1987年、 1265-1288頁、 doi:10.11470/oubutsu1932.56.1265ISSN 0369-8009NAID 130003591907
  • 中沢正隆「Erドープ光ファイバーによる光増幅とその応用」『応用物理』第59巻第9号、応用物理学会、1990年、 1175-1192頁、 doi:10.11470/oubutsu1932.59.1175ISSN 0369-8009NAID 130003592598
  • 久保田寛和, 中沢正隆「時間および周波数領域における光ソリトンの制御」『電子情報通信学会論文誌. C-IエレクトロニクスI-光・波動』第76巻第5号、電子情報通信学会、1993年5月、 147-157頁、 ISSN 09151893NAID 110003308011
  • 木村康郎, 吉田英二, 中沢正隆「超長尺エルビウム添加光アクティブ線路の増幅特性」『電子情報通信学会秋季大会講演論文集』第1994巻第1号、電子情報通信学会、1994年9月、 323頁、 NAID 110003338672
  • 中沢正隆「光ソリトン伝送の最近の動向」『電子情報通信学会技術研究報告. OCS光通信システム』第95巻第272号、電子情報通信学会、1995年9月、 43-50頁、 NAID 110003285678
  • 中沢正隆「超高速光ソリトン通信の技術動向」『電子情報通信学会誌』第79巻第3号、電子情報通信学会、1996年3月、 259-271頁、 ISSN 09135693NAID 110003229607
  • 中沢正隆, 久保田寛和, 山田英一「光ソリトンの発生と伝送」『電子情報通信学会論文誌. C-1エレクトロニクス 1-光・波動』第79巻第8号、電子情報通信学会、1996年8月、 265-277頁、 ISSN 09151893NAID 110003307722
  • 山本貴司, 今井健之, 中沢正隆「光強度に依存する位相整合条件を考慮した高効率四光波混合」『電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集』第1996巻第1号、電子情報通信学会、1996年9月、 338頁、 NAID 110003336242
  • 中沢正隆「光ソリトン通信の最近の進展と将来展望 - 光パルス伝送とレーザーモード同期技術の類似性 -」『應用物理』第66巻第9号、応用物理学会、1997年9月、 922-932頁、 doi:10.11470/oubutsu1932.66.922ISSN 03698009NAID 10004565442
  • 田村公一, 吉田英二, 中沢正隆「光ファイバレーザによる超短パルスの発生」『レーザー研究』第27巻、レーザー学会、1999年、 145-146頁、 doi:10.2184/lsj.27.Supplement_145ISSN 0387-0200NAID 130003702735
  • 稲場肇, 秋元義明, 小向哲郎, 中沢正隆「CWエルビウム添加光ファイバレーザにおけるモードホップの要因」『電子情報通信学会技術研究報告. OPE光エレクトロニクス』第100巻第349号、電子情報通信学会、2000年10月、 13-17頁、 ISSN 09135685NAID 110003303426
  • 亀卦川学, 長谷川英明, 吉田真人, 廣岡敏彦, 中沢正隆「フォトニック結晶ファイバの融着における最適な空孔テーパの観測とフレネル反射の低減について」『電子情報通信学会技術研究報告. OFT光ファイバ応用技術』第103巻第257号、電子情報通信学会、2003年8月、 51-56頁、 ISSN 09135685NAID 110003169891
  • 小野敦, 吉田真人, 中沢正隆「10GHz高調波再生モード同期SOAファイバレーザの発振特性」『電子情報通信学会技術研究報告. OFT光ファイバ応用技術』第104巻第262号、電子情報通信学会、2004年8月、 25-30頁、 ISSN 09135685NAID 110003170023
  • 中沢正隆「レーザーによる情報通信技術の発展」『應用物理』第79巻第6号、応用物理学会、2010年6月、 508-516頁、 doi:10.11470/oubutsu.79.6_508ISSN 03698009NAID 10026356919

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.420
  2. ^ The EDFA Odyssey-From Optical Soliton to Coherent 東北大学
  3. ^ [1]
  4. ^ a b c d 役員金大
  5. ^ [2]
  6. ^ 中沢正隆, 「CH4外部飽和吸収セルを用いた3.39μmHe-Neレーザの無変調波周波数安定化に関する研究」 東京工業大学 博士論文, 甲第1214号, 1980年, NAID 500000284640
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai 会長の略歴IEICE
  8. ^ “紫綬褒章の受章者”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年4月28日). オリジナルの2013年5月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130516172556/http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042701000577.html 2013年1月26日閲覧。 
  9. ^ 日本学士院賞授賞の決定について
  10. ^ 中沢正隆名誉教授(電気通信研究機構 特任教授)が、第70回「電波の日」総務大臣表彰を受賞しました東北

外部リンク編集

先代:
矢野雅文
東北大学電気通信研究所長
2010年 - 2013年
次代:
大野英男
先代:
安藤真
電子情報通信学会会長
2019年 - 2020年
次代:
笹瀬巌