メインメニューを開く
 
中臣習宜阿曾麻呂
時代 奈良時代
生誕 不明
死没 不明
別名 氏:習宜
官位 従五位下大隅守
主君 称徳天皇光仁天皇
氏族 中臣習宜朝臣
テンプレートを表示

中臣習宜 阿曾麻呂(なかとみのすげ の あそまろ)は、奈良時代貴族。氏は単に習宜とも記される。朝臣官位従五位下大隅守

経歴編集

中臣習宜氏は物部氏の一族で、饒速日命の孫にあたる味饒田命の後裔とする天孫氏族[1]。習宜の名は大和国添上郡習宜の地名に由来する[2]。元は姓であったが、養老3年(719年)に朝臣姓に改姓している[3]

天平神護2年(766年)従五位下に叙爵し、翌神護景雲元年(767年豊前介に任ぜられる。神護景雲3年(768年)9月大宰主神を務めていた際、宇佐八幡宮神託であるとして、道鏡皇位に就かせれば天下太平になると称徳天皇上奏するが[4]和気清麻呂によって道鏡の皇嗣擁立を阻止される(宇佐八幡宮神託事件)。神護景雲4年(769年)に道鏡が失脚すると、阿曾麻呂は多褹嶋守に左遷された。宝亀3年(772年)4月に道鏡が没すると、6月に阿曾麻呂は大隅守に任ぜられるが、その後の消息は不明。

官歴編集

続日本紀』による。

脚注編集

  1. ^ 新撰姓氏録』左京神別
  2. ^ 太田[1963: 3054]
  3. ^ 続日本紀』養老3年5月15日条
  4. ^ 『続日本紀』神護景雲3年9月25日条

参考文献編集