中華そば琴の(ちゅうかそばこんの)は、山形県鶴岡市羽黒町[1]:56で中華そばなどを提供しているラーメン[2]:632015年6月、今野直樹により創業[3][4][5][6]

中華そば琴の
中華そば琴の・外観
中華そば琴の・外観
本店所在地 日本の旗 日本
997-0151
山形県鶴岡市羽黒町黒瀬字黒瀬202
北緯38度43分09.9秒 東経139度53分02.2秒 / 北緯38.719417度 東経139.883944度 / 38.719417; 139.883944
設立 2015年6月
業種 サービス業
事業内容 飲食業
代表者 今野直樹
外部リンク 中華そば琴の公式フェイスブック
テンプレートを表示
中華そば琴の・中華そば あっさり
中華そば琴の・中華そば あっさり

沿革編集

今野は羽黒町出身[3][4][5][7][6]。高校卒業後、電気会社に就職[5]:31[7]:53[6]。ラーメンが好きで週末になると妻と共に近場である山形県のラーメン店を中心に食べ歩き、ブログなどで発信[7]:53していた。そのような中、琴平荘(鶴岡市三瀬)[8][9][注 1][13]の店主である掛神淳とつながりが出来る[6]。19年間にわたりサラリーマン生活を送っていたが、第二の人生のことを考えていたこと、掛神の親戚が経営していた[3]:11食堂が閉店することになったことなどから、この場所でラーメン屋をやってみたいと一念発起[6]。円満退職後、琴平荘に入門し、修行を開始[7][14]:26[15][6]。その後、2015年6月にのれん分けを受け中華そば琴の[注 2]を創業[注 3]し、現在に至る。

特徴編集

 
中華そば琴の・ニグめし
  • 受賞歴としては、「ラーメンwalkerグランプリ2016」で山形新店部門第1位[4]:7SARAHが主催する「JAPAN MENU AWARD 2019」の「東北」「ラーメン淡麗」部門で星2つを受賞[22]など。

メディア編集

  • 2015年7月 - 昼ドキ!TVやまがたチョイすやまがたラーメン道[23][注 6]
  • 2016年3月 - <2016年>われらラーメン王国 黄金世代!山形ルーキーズ[25]
  • 2016年11月 - OH!バンデス-WAZA-MEN-[26]
  • 2019年2月 - やまがたラーメン道GP県民投票で決める人気No.1店[27]
  • 2020年1月 - 山形ラーメン最前線~マニア食べ歩きを大追跡~[28]
  • 2020年7月 - やまがた応援宣言35市町村ラーメンMAPランキング[29]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 鶴岡市三瀬に存する1965年(中華そば処の創業は2002年)の老舗[10][11][12]
  2. ^ 店名の「琴の」(「こんの」と呼称する)は「琴平荘」と「今野」を掛けて名付けられた[7]:53
  3. ^ 琴平荘ののれん分けを受けた店舗は、他に2016年7月創業の「琴壱」(鶴岡市羽黒町)がある[14]:28[16]
  4. ^ カタクチウルメの煮干しにトビウオ焼干しなどを加える[3]:10
  5. ^ ピロピロとして若干のザラつきがある食感、細かい横筋が入っているなどの特徴がある[7]:53
  6. ^ やまがたラーメン道グランプリ2015人気投票にて第2位となる[24]

出典編集

  1. ^ 庄内小僧. コミュニティ新聞社. (2015年10月25日) 
  2. ^ 庄内小僧. コミュニティ新聞社. (2018年3月25日) 
  3. ^ a b c d e f g ラーメンWalker山形2016. KADOKAWA. (2015年12月10日) 
  4. ^ a b c d e f g h ラーメンWalker山形2017. KADOKAWA. (2016年11月11日) 
  5. ^ a b c d e f g h i ラーメンWalker山形2018. KADOKAWA. (2017年12月7日) 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「お客さんの顔を見て、“ありがとう”を伝えたい」 中華そば琴の・今野直樹さん”. おいしんぐ!・id. 2021年1月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k Bloom(庄内満喫マガジン”ブルーム”). プランニングゆうむ. (2016年2月5日) 
  8. ^ 『Best of the Best RAMEN』KADOKAWA、2019年11月21日、46,47頁。 
  9. ^ 『第20回 業界最高権威 TRYラーメン大賞 2019-2020』講談社、2019年10月17日、125頁。 
  10. ^ Vol.1084 2020年01月05日(日) 放送分 掛神淳[ラーメン店・主人]”. 情熱大陸. 2021年1月16日閲覧。
  11. ^ 幻の中華そば「琴平荘」独占インタビュー”. 宅麺. 2021年1月16日閲覧。
  12. ^ 【ラーメン大賞&殿堂入り】『中華そば処 琴平荘』掛神店主「お取り寄せラーメン オブ・ザ・イヤー2021」SPインタビュー”. 宅麺.com. 2021年3月7日閲覧。
  13. ^ 琴平荘中華そば処公式ホームページ”. 琴平荘中華そば処. 2021年1月16日閲覧。
  14. ^ a b c 庄内小僧. コミュニティ新聞社. (2019年11月25日) 
  15. ^ a b c 週刊大衆はんつ遠藤の美味巡り極うま麺. 双葉社. (2016年5月16日) 
  16. ^ ラーメン官僚が厳選!「東北で食べるべきこの1杯」魅惑のラーメン18杯”. リクルートライフスタイル・じゃらんニュース. 2021年2月6日閲覧。
  17. ^ ラーメン食べ歩き×合宿免許 山形県編”. インター・アート・コミッティーズ. 2021年2月6日閲覧。
  18. ^ 野沢食品工業公式ホームページ”. 野沢食品工業. 2021年1月16日閲覧。
  19. ^ 木桶仕込み醤油”. 野沢食品工業. 2021年1月16日閲覧。
  20. ^ 瑞穂食品工業(屋号:麺屋棣鄂)公式ホームページ”. 瑞穂食品工業(屋号:麺屋棣鄂). 2021年1月16日閲覧。
  21. ^ ラーメンYouTuber・SUSURU. “一度は行ってほしい! SUSURU推薦、「全国の名店」。至極のスープと麺、具材の無限のループ!”. YAHOO!JAPANニュース. 2021年1月16日閲覧。
  22. ^ JAPAN MENU AWARD 2019・東北ラーメン淡麗部門”. SARAH. 2021年1月11日閲覧。
  23. ^ 琴の”. さくらんぼテレビジョン. 2021年1月4日閲覧。
  24. ^ ラーメン道グランプリ2015結果発表”. さくらんぼテレビジョン. 2021年1月4日閲覧。
  25. ^ 超有名店のDNAを受け継いだ脱サラルーキー”. YTS山形テレビ. 2021年1月4日閲覧。
  26. ^ 山形県鶴岡市「中華そば琴の」”. 宮城テレビ放送. 2021年1月4日閲覧。
  27. ^ ラーメン道グランプリ結果発表”. さくらんぼテレビジョン. 2021年1月4日閲覧。
  28. ^ 中華そば琴の”. YTS山形テレビ. 2021年1月4日閲覧。
  29. ^ 中華そば琴の”. YTS山形テレビ. 2021年1月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集