メインメニューを開く

中野会(なかのかい)は、大阪市天王寺区に本拠を置いて2005年まで活動した暴力団。かつては神戸市に本部を置き、四代目山口組の三次団体から五代目山口組の二次団体となったが、1997年絶縁処分を受け独立。やがて暴力団対策法に基づく指定暴力団となるも、2005年に解散。

目次

歴史編集

1996年7月に会長の中野太郎が行きつけの理髪店会津小鉄系組員に銃撃される事件が起きた。時の山口組若頭であった宅見組組長宅見勝の仲介で手打ちが行われた。

1997年8月に神戸市中央区新神戸オリエンタルホテルにて宅見を射殺し、一般人をも誤射。その被害者は数日後に死亡(→宅見若頭射殺事件)。これにより本家の山口組から同年9月に絶縁とされるも、これを不服とし、解散せずに独立した。宅見組などによる暗殺部隊により、1999年9月にナンバー3の若頭・山下重夫が、2002年4月にはナンバー2の副会長・弘田憲二が射殺された。

そして、2005年8月7日に解散届を大阪府警に提出。

最高幹部編集

所属直系団体編集

  • 弘田組
  • 至龍会
  • 三笠組
  • 加藤総業
  • 徳心会

主な出身者編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 山口組ドキュメント 五代目山口組:『五代目山口組本家組織図』 (付録),1990年,溝口敦三一書房ISBN 4-380-90223-4