メインメニューを開く

丸山 惠也(まるやま よしなり、1934年10月[1] - )は、日本経営学者。博士(経営学・立教大学)。元東邦学園大学学長北海道出身。

略歴編集

このほか、立教大学にて経済学部経営学科長や経済学部長、大学院経済研究科長など務める。

研究編集

専門は経営学、生産システム論や地域経済論、アメリカ自動車産業の経営学史。特に地域再生と産業集積を研究。

単著編集

  • 『現代の経営学 大量生産からフレキシブル生産へ』産業統計研究社 1993
  • 『日本的生産システムとフレキシビリティ』(日本評論社、1995年)
  • 『東アジア経済圏と日本企業』(新日本出版社、1997年)

共編編集

  • 『日本的経営の構造 日本資本主義と企業』藤井光男共編 大月書店 現代資本主義叢書 1985
  • 『現代経営学』編(亜紀書房、1987年)
  • 『アメリカ企業の史的展開』井上昭一共編著 ミネルヴァ書房 1990
  • 『現代日本経営史 日本的経営と企業社会』藤井光男共編著 ミネルヴァ書房 1991
  • 『トヨタ・日産 グローバル戦略にかけるサバイバル競争』藤井光男共著 大月書店・日本のビッグ・ビジネス 1991
  • 『アジアの自動車産業』編著 亜紀書房 1994
  • 『日本企業のアジア戦略 国際分業と共生の課題』成田幸範共編著 中央経済社 1995
  • 『アジア経済圏と国際分業の進展』佐護譽,小林英夫共編著 ミネルヴァ書房 叢書現代経営学 1999
  • 『現代日本の職場労働 JITシステムと超過密労働』高森敏次共編 新日本出版社 2000
  • 『自動車 21世紀に生き残れるメーカーはどこか』小栗崇資,加茂紀子子共著 大月書店 日本のビッグ・インダストリー 2000
  • 『日韓自動車産業の全容 比較研究』趙亨濟共編著 亜紀書房 2000
  • 『中国自動車産業の発展と技術移転』編著 柘植書房新社 2001
  • 『日本の主要産業と東アジア 国際分業の経営史的検証』藤井光男共編著 八千代出版 2001
  • ボルボ・システム 人間と労働のあり方』編著 多賀出版 2002
  • 『ボルボの研究』クリスチャン・ベリィグレン, カイサ・エッレゴード共編著 柘植書房新社 2002
  • 『批判経営学:学生・市民と働く人のために』編著(新日本出版社、2005年)
  • 『地域医療再生への医師たちの闘い』佐藤洋共著 愛知東邦大学地域創造研究所編 唯学書房 地域創造研究叢書 2008
  • 『日本の製造業を分析する 自動車、電機、鉄鋼、エネルギー』小栗崇資,古賀義弘,谷江武士,熊谷重勝共編著 大橋英五監修 唯学書房 2010
  • 『現代日本の多国籍企業』編著 新日本出版社 2012
  • 『経済成長の幻想 新しい経済社会に向けて』熊谷重勝,陣内良昭, 内野一樹,關智一共編著 創成社 2015

翻訳編集

  • A.D.チャンドラー『アメリカ経営史』亜紀書房 1986
  • D.フリードマン『誤解された日本の奇跡 フレキシブル生産の展開』監訳 ミネルヴァ書房 1992
  • N.ギルバート,アンナ・ポラート,ロジャー・バローズ編『フォーディズムとフレキシビリティ イギリスの検証』監訳 新評論 1996
  • CAW・TCA 編『リーン生産システムは労働を豊かにするか カナダ自動車工場レポート』多賀出版 1996
  • クリスチャン・ベリグレン『ボルボの経験 リーン生産方式のオルタナティブ』黒川文子共訳 中央経済社 1997
  • ローリー・グラハム『ジャパナイゼーションを告発する アメリカの日系自動車工場の労働実態』監訳 大月書店 1997

参考文献編集

脚注編集