メインメニューを開く

久々利村(くくりむら)は、かつて岐阜県可児郡にあったである。

久々利村
廃止日 1955年2月1日
廃止理由 合併
現在の自治体 可児市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
可児郡
面積 19.86km2.
総人口 1,782
(1955年)
隣接自治体 可児郡広見町御嵩町平牧村
多治見市
土岐郡泉町
久々利村役場
所在地 岐阜県可児郡久々利村久々利1555-4
 表示 ウィキプロジェクト

概要編集

現在の可児市南東部、久々利川流域に該当する。

村名は、かつて存在した荘園(久々利荘)に由来する。また「くくり」は、景行天皇が造営した仮宮、「泳の宮」(くぐりのみや)[1]に由来するという。

美濃焼の古窯が見つかっており、美濃焼発祥の地であるという説もある。

歴史編集

学校編集

観光編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 景行天皇が八坂入彦命の娘である弟媛を見初められ、入内するように説得するために滞在した宮。結局、弟媛は固辞したため、弟媛の姉の八坂入媛命が入内している。

関連項目編集