多治見市

日本の岐阜県の市
たじみし
多治見市
多治見市旗 多治見市章
多治見市旗 多治見市章
1981年2月制定)
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
団体コード 21204-1
法人番号 5000020212041
面積 91.25km2
(境界未定部分あり)
総人口 109,797
推計人口、2016年10月1日)
人口密度 1,200人/km2
隣接自治体 土岐市可児市
愛知県春日井市瀬戸市犬山市
市の木 シデコブシ
市の花 キキョウ
多治見市役所
所在地 507-8703
岐阜県多治見市日ノ出町2丁目15番地
北緯35度19分58秒東経137度7分55.3秒
Tajimi City Hall01.jpg
外部リンク 多治見市

多治見市位置図

― 市 / ― 町・村

特記事項 面積は、土岐市との間に境界未定部分があるため参考値。
 表示 ウィキプロジェクト

多治見市(たじみし)は、岐阜県南部に位置する

目次

地理編集

美濃焼の産地として知られており、市内には由緒ある窯元や陶磁器に関する美術館、資料館、ギャラリーなどが点在している。名古屋市の中心部まで鉄道で約30分という利便性から、1980年代から1990年代前半にかけて市内各地で新興団地や分譲マンションなど住宅開発が行われたため、名古屋のベッドタウンとしても知られ、名古屋市愛岐処分場を擁するなど、岐阜県の主要都市ながら、名古屋市との結びつきが強い。

2007年8月16日14時20分(JST)には日本国内の最高気温記録(当時)となる40.9℃を日本で最初に観測している。なお、埼玉県熊谷市でも同日14時42分に最高気温40.9℃を記録している[1]。また2006年には37℃以上を記録した日数が日本で最多ということもあり、「日本一暑い町」として観光誘致活動を行っている。

編集

 
多治見市の市の木であるシデコブシ。東海三県のみに自生し、岐阜県のレッドリスト危急種の指定を受けている。
 
多治見市中心部周辺の空中写真。1987年撮影の9枚を合成作成。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
  • 無名の山 - 標高556.3 mの多治見市の最高峰[2][3]
  • 笠原富士(471.8 m) - 第2高峰、潮見公園内にある。
  • 方月山(456.5 m) - 第3高峰
  • 弥勒山(436.6m) - 第4高峰、春日井市との境界にあり、東海自然歩道上にある。
  • 道樹山(429 m)
  • 高社山(416.6 m)
  • 浅間山(372 m) - 市指定天然記念物のサクライソウ科のサクライソウの自生地。
  • 高根山(225.6 m)

河川編集

地名編集

多治見市の地名を参照

隣接する自治体編集

気温編集

盆地に位置するため、夏・冬で気温差が激しく、特に夏は最高気温の平年値が日本のアメダス観測地点の中で一番高く、過去には日本記録を保持した事がある。(詳細は後述)

但し、盆地であるため、熱帯夜となる日は少ない。

一方、冬場においては冷たく強い北風が吹くとともに朝は氷点下まで冷え込む日が多い。

最高気温記録編集

2007年8月16日14時20分に気温40.9℃を記録した。同日14時42分に同じく40.9℃を記録した埼玉県熊谷市とともに、1933年7月25日に山形市で記録した40.8℃を上回り、日本新記録となった。

これは、2013年8月12日午後1時42分に高知県四万十市で41.0°Cが観測されるまで[4]日本観測史上の最高気温記録であった。

また、翌8月17日にも前日記録した40.9℃に0.1℃と迫る40.8℃を記録した。 原因については未だ究明されておらず、筑波大学計算科学研究センター講師である日下博幸の研究チームが2010年夏より多治見市の協力を得て調査中である[5]。日下は、多治見市が山に囲まれた盆地であること、狭い範囲に住宅が密集していること、北からのフェーン現象による熱風、冷たい海風が入りにくいこと、緑地や水辺が少ないことという複合的な要因が交差して起こったものと仮説を立てている[6]

  • 気温 - 最高40.9℃(2007年(平成19年)8月16日)、最低-9.3℃(1996年(平成8年)2月3日1982年(昭和57年)1月30日
  • 最大降水量 - 383.5ミリ(2011年(平成23年)9月20日
  • 最大瞬間風速 - 23.1メートル(2012年(平成24年)4月3日
  • 夏日最多日数 - 158日(2013年(平成25年))
  • 真夏日最多日数 - 99日(2013年(平成25年))
  • 猛暑日最多日数 - 38日(2010年(平成22年))
  • 熱帯夜最多日数 - 13日(2010年(平成22年))
  • 冬日最多日数 - 106日(1981年(昭和56年))
多治見の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 18.2
(64.8)
21.2
(70.2)
25.1
(77.2)
31.0
(87.8)
34.3
(93.7)
37.0
(98.6)
39.4
(102.9)
40.9
(105.6)
38.5
(101.3)
33.1
(91.6)
25.5
(77.9)
21.8
(71.2)
40.9
(105.6)
平均最高気温 °C (°F) 9.2
(48.6)
10.5
(50.9)
14.4
(57.9)
20.5
(68.9)
24.9
(76.8)
28.1
(82.6)
31.7
(89.1)
33.7
(92.7)
29.4
(84.9)
23.5
(74.3)
17.5
(63.5)
11.9
(53.4)
21.3
(70.3)
平均最低気温 °C (°F) −2.3
(27.9)
−1.9
(28.6)
1.3
(34.3)
6.8
(44.2)
12.0
(53.6)
17.3
(63.1)
21.5
(70.7)
22.6
(72.7)
18.9
(66)
11.6
(52.9)
5.2
(41.4)
−0.1
(31.8)
9.4
(48.9)
最低気温記録 °C (°F) −9.3
(15.3)
−9.3
(15.3)
−6.9
(19.6)
−2.5
(27.5)
1.0
(33.8)
7.4
(45.3)
14.2
(57.6)
15.0
(59)
6.9
(44.4)
0.9
(33.6)
−2.7
(27.1)
−7.5
(18.5)
−9.3
(15.3)
降水量 mm (inch) 56.0
(2.205)
70.6
(2.78)
128.7
(5.067)
132.4
(5.213)
168.0
(6.614)
208.5
(8.209)
235.9
(9.287)
136.8
(5.386)
235.4
(9.268)
123.6
(4.866)
85.1
(3.35)
50.3
(1.98)
1,626.7
(64.043)
平均降水日数 (≥ 1.0 mm) 7.5 7.7 10.5 10.4 11.3 12.7 13.7 9.3 11.7 9.8 7.5 7.5 119.6
平均月間日照時間 146.3 158.6 188.1 195.8 187.6 143.5 160.9 202.2 156.3 163.7 153.5 154.1 2,014.5
出典: 気象庁

マスコットキャラクター編集

上記にあるように、日本国内でも最高水準の気温である40.9°Cを記録したことなどから、多治見市には、「日本一暑い町」としての観光誘致のために作られた、「うながっぱ」というキャラクターが存在している。このキャラクターの作者は、漫画家やなせたかしであり、「うながっぱパッパソング」という歌や、Tシャツなどの観光PRグッズなどもある。また、多治見市内のイベントにはこのうながっぱのきぐるみが度々登場している。色のバリエーションも何色かある。

歴史編集

沿革編集

人口編集

 
多治見市と全国の年齢別人口分布(2005年) 多治見市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 多治見市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
多治見市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 76,846人
1975年 82,174人
1980年 87,812人
1985年 97,867人
1990年 106,213人
1995年 113,079人
2000年 115,740人
2005年 114,876人
2010年 112,635人
総務省統計局 国勢調査より

行政編集

市長編集

  • 初代:上山貞治
  • 2代:金子義一
  • 3代:青木重喬
  • 4代:加藤鐐一
  • 5代:加藤直樹 - 1979年(昭和54年)~1995年:4期
  • 6代:西寺雅也 - 1995年(平成7年)~2007年:3期
  • 7代:古川雅典 - 2007年(平成19年)4月30日~在任中[7]

市役所庁舎編集

  • 市役所本庁舎
  • 市役所笠原庁舎
  • 市役所駅北庁舎

地区事務所編集

  • 旭ヶ丘事務所
  • 池田事務所
  • 市之倉事務所
  • 笠原事務所
  • 共栄事務所
  • 小泉事務所
  • 滝呂事務所
  • 根本事務所
  • 本庁事務所
  • 南姫事務所
  • 脇之島事務所

広域行政編集

  • 東濃西部広域行政事務組合 - 多治見市、土岐市、瑞浪市で構成。

消防編集

立法編集

多治見市議会

  • 定数:24名
  • 任期:2011年(平成23年)5月1日 - 2015年(平成27年)4月30日[7]
  • 議長:嶋内九一 (自民クラブ、3期)
  • 副議長:石田浩司 (リベラルたじみ、4期)
会派名 議席数 議員名
自民クラブ 8 嶋内九一、山口真由美、森厚、水野正太郎、加納洋一、各務幸次、岡田智彦、若尾靖男
リベラルたじみ 3 石田浩司、古庄修一、仙石三喜男
公明党 3 寺島芳枝、山中勝正、春田富生
市民クラブ 3 柴田雅也、加藤元司、安藤英利
結の会 3 松浦利実、若尾敏之、若林正人
共生の会 1 林美行
日本共産党 1 三輪寿子
新自由クラブ 1 若尾円三郎
市民ネットワーク 1 井上あけみ

経済編集

 
多治見駅前ビル群

産業編集

陶磁器

多治見は美濃地方における陶磁器の集積地として古来より繁栄してきた。しかしながら、競合製品の進出や輸入品の増加によって、近年その生産を大きく落としており対策が急がれている。また、多治見は陶磁器の生産地というよりは商社の集まる集積地であるため、近隣の土岐市や瑞浪市に比べると少ないものの、いくつかの産地を擁する。

就業人口
  • 一次産業 310人
  • 二次産業 19,686人
  • 三次産業 38,446人

本社を置く主要企業編集

姉妹都市・提携都市編集

海外編集

日本国内編集

提携都市
TASKIプロジェクト(中部環境先進5市サミット)

Tazimi、Anjo、Shinshiro、Kakegawa、Idaの5都市の頭文字から「TASKI」

県の機関編集

 
多治見警察署
 
東濃西部総合庁舎

国の機関編集

名古屋市の機関編集

教育編集

高等学校編集

中学校編集

小学校編集

  • 多治見市立南姫小学校
  • 多治見市立脇之島小学校
  • 多治見市立笠原小学校

研究機関編集

公共施設編集

体育施設編集

 
多治見市総合体育館

陸上競技場編集

球場編集

体育館編集

運動公園編集

  • 星ヶ台運動広場
  • 旭ヶ丘運動広場
  • 北丘運動広場
  • 市之倉運動広場
  • 脇之島運動広場
  • 笠原向島運動広場
  • 笠原梅平運動広場

文化教育施設編集

 
多治見市産業文化センター
 
多治見市図書館

美術館編集

ホール編集

図書館編集

その他編集

医療福祉施設編集

病院編集

福祉編集

  • 多治見市総合福祉センター
  • サンホーム滝呂
  • ふれあいセンター姫
  • かさはら福祉センター
  • 笠原西コミュニティーセンター

緑地・公園編集

 
虎渓公園

地域放送編集

交通編集

鉄道編集

市の中心となる駅:多治見駅

  東海旅客鉄道(JR東海)

バス編集

一般路線バス編集

都市間高速バス編集

高速バス編集

コミュニティバス編集

道路編集

高速自動車国道編集

一般国道編集

主要地方道編集

一般県道編集

観光編集

名所・旧跡編集

 
多治見修道院
 
多治見国長邸宅跡

祭事・催事編集

  • 美濃民芸陶器の里まつり - 4月の第1日曜日に共栄公園で開催。
  • 陶の里蔵出し市 - 4月の第2土・日曜日に市之倉さかづき美術館周辺で開催。
  • 多治見陶器祭り - 4月の第2土・日曜日に本町オリベストリート周辺で開催。
  • 多治見夏まつり「みんなでてりゃあ 夏まつり ござっせ」 - 8月1日に最も近い土・日曜日に多治見駅前で開催。
  • 市制記念花火大会 - 8月1日に最も近い日曜日に多治見橋 - 国長橋の土岐川沿いで開催。
  • たじみ茶碗まつり - 10月の第2日・月曜日に多治見美濃焼卸センターで開催。
  • 陶の里フェスティバル - 10月の第1土・日曜日に市之倉さかづき美術館周辺で開催。
  • 諏訪神社祭(小木棒の手) - 10月中旬に諏訪神社で開催。
  • 多治見まつり - 11月3日に多治見市役所 - 多治見駅前で開催。
  • 多治見修道院ワインフェスタ - 11月23日に神言会多治見修道院で開催。

出身有名人編集

五十音順

多治見市が登場する作品編集

書籍
映画
テレビドラマ
漫画

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集