久保雅

久保 雅(くぼ みやび、1982年11月23日 - )は、日本の女子バレーボール元選手、現指導者。宮崎県都城市出身。ニックネームはミヤビ

久保 雅
Miyabi Kubo
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1982-11-23) 1982年11月23日(35歳)
出身地 宮崎県都城市
ラテン文字 Miyabi Kubo
身長 175cm
体重 63kg
血液型 B型
選手情報
所属 日本大学(GSSサンビームズ兼任)
愛称 ミヤビ
役職 コーチ
ポジション MB
指高 226cm
利き手
スパイク 295cm
ブロック 285cm
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2001年、JTマーヴェラス入団。 入団直後から現在まで度々故障に悩まされるも、悪い流れを断ち切るスーパーサブや、ムードメーカーとしても非常に重宝されている。 劣勢時の途中出場や、ワンポイントでの起用で結果を度々残している。

第10回Vリーグ2004年1月18日福岡大会、対NECレッドロケッツ戦、同年1月24日海老名大会、対シーガルズ戦において途中出場から結果を残し、翌日25日対日立佐和リヴァーレ戦にて初スタメンを勝ち取ると、このシーズン終了までスタメンとして定着する。

第11回Vリーグでは、高木理江の成長により、出場機会に恵まれなかった。

第12回Vリーグでは、監督が一柳昇から寺廻太への交代、高木理江のコンバートもあり、負傷による途中離脱を除き、コンスタントにベンチ入りを果たした。 シーズン終了直後の近畿総合選手権では、ゲームキャプテンを任された。

06-07V・プレミアリーグでは、肩の故障で開幕に間に合うかが危惧されたが、何とか開幕戦でベンチ入りを果たす。 2007年2月3日佐賀大会、対久光製薬スプリングス戦、翌日2月4日福岡大会、対トヨタ車体クインシーズ戦において、途中出場から連日の大活躍(相性のよい絶対的司令塔・竹下佳江を故障で欠く中での活躍であった)にて自信をつけると、流れを変えるスーパーサブとしての立場を確立し、準優勝に貢献した。

07-08V・プレミアリーグでは、開幕スタメンを期待されていたが、開幕直前に故障により離脱。 2008年3月1日東京大会、対NECレッドロケッツ戦にて復帰。だがこの時点では完治に至らず、シーズン終了後に手術に踏み切る。同年9月6日~7日、近畿総合選手権にて約1年ぶりの本格復帰を果たすと、Bチーム主体のチーム構成の中でワンランク上の活躍を見せ、同大会2連覇に貢献した。

08-09V・プレミアリーグでは念願の開幕スタメンに名を連ねた。自身の誕生日である2008年11月23日新潟大会、対日立佐和リヴァーレ戦で決定率70%以上の大活躍で自信をつけ、好調をキープした。 故障による離脱はあったものの、2009年5月4日、第58回黒鷲旗準々決勝、対デンソー・エアリービーズ戦において、チームメイトの高木理江、坂下麻衣子らとともに途中出場から大車輪の活躍を見せ、改めて存在感をアピールした。

09-10V・プレミアリーグにおいては、石川友紀山本愛などの大型補強と自身の故障もありスタメンを外れるも、復帰後すぐに起用されると、2010年2月28日川崎大会、対NECレッドロケッツ戦において抜群の存在感を示した。 セミファイナルラウンドの2010年4月3日、対東レ・アローズ戦、2010年4月4日、対久光製薬スプリングス戦では途中出場から連日結果を残し、ファイナルラウンド進出に大きく貢献した。

2010年5月末日をもって、JTマーヴェラスを退団した。2012年4月から日本大学女子バレーボール部のコーチを務める[1]

2016年4月より、GSS東京サンビームズのコーチに就任。日本大学女子バレーボール部のコーチと兼務する。

球歴編集

  • 所属チーム履歴
有水小→有水中→宮崎県立都城商業高等学校JTマーヴェラス(2001年-2010年)

背番号編集

  • 16(2001年 - 2004年)
  • 13(2005年 - 2006年)
  • 4(2007年 - 2010年)

脚注編集

  1. ^ 日本大学バレーボール部. “日本大学保健体育審議会バレーボール部”. 2012年4月29日閲覧。

外部リンク編集