メインメニューを開く
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

乎非王(おいのおおきみ・おいのみこ、生没年不詳)は、「上宮記」逸文に記される5世紀頃の皇族(王族)。『古事記伝』の釈文などに宇非王(宇斐王)と表記するのは誤り。

乎非王
配偶者 久留比売命
子女 彦主人王
父親 意富富杼王
母親 中斯知命
テンプレートを表示
乎非王関係系図

系譜編集

父は意富富杼王(おおほどのおおきみ)、母は中斯知命(なかしちのみこと)である。 また、応神天皇の曾孫、忍坂大中姫命の甥、継体天皇の祖父に当たり、同父兄弟には阿居乃王(あけのみこ)や都紀女加(つきめか)が推定されている。牟義都(むげつ)国造伊自牟良君の女 ・久留比売命(くるひめのみこと)を妻とし、斯王(彦主人王)を生んだ。

概要編集

乎非王は『釈日本紀』巻十三所引の「上宮記」逸文の系譜にその名が見えるのみで、事蹟は伝わっていない。系譜の直系のみを示せば、「凡牟都和希王 ― 若野毛二俣王 ― 大郎子(意富富等王) ― 乎非王 ― 斯王 ― 乎富等大公王」となり、それぞれ凡牟都和希(ほむたわけ)王は応神天皇、若野毛二俣(わかぬけふたまた)王は稚野毛二派皇子、大郎子は意富富杼王、斯(うし)王は彦主人王、乎富等(おおど)大公王は継体天皇に比定され得る。 近年の研究によれば、この6代から若野毛二俣王と大郎子を除いた「応神 ― 乎非 ― 斯 ― 継体」が本来の系譜とされている(川口勝康)が、何れにしても、乎非王が実際に応神に連なる血統の王族であったかどうかの確証はない。

なお、『水鏡』・『愚管抄』・『神皇正統記』・『紹運録』など、中世の史書 ・系譜類に継体の祖父として記されている「私斐王」に関しては、「私」字を借字に用いた例が他に無いことから、本来「弘斐王(おいのおおきみ)」の誤りで、乎非王を指すと考えて差し支えないだろう。このような異表記が見られるということは、かつては「上宮記」以外にも継体の出自系譜を伝える史料が存在した可能性(例えば『日本書紀』の系図)を示唆している。

 
 
 
 
 
 
豊城入彦命
 
毛野氏族]
 
 
 
 
 
10 崇神天皇
 
 
11 垂仁天皇
 
12 景行天皇
 
日本武尊
 
14 仲哀天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
倭姫命
 
 
13 成務天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 彦坐王
 
丹波道主命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 山代之大
筒木真若王
 
迦邇米雷王
 
 息長宿禰王
 
神功皇后
(仲哀皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15 応神天皇
 
16 仁徳天皇
 
17 履中天皇
 
市辺押磐皇子
 
飯豊青皇女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18 反正天皇
 
 
 
 
 
 
24 仁賢天皇
 
手白香皇女
(継体皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菟道稚郎子皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23 顕宗天皇
 
 
25 武烈天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19 允恭天皇
 
木梨軽皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20 安康天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21 雄略天皇
 
22 清寧天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春日大娘皇女
(仁賢皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
稚野毛
二派皇子
 
 意富富杼王
 
 乎非王
 
彦主人王
 
26 継体天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍坂大中姫
(允恭皇后)