メインメニューを開く

反正天皇(はんぜいてんのう、仁徳天皇39年? - 反正天皇5年1月23日)は、日本の第18代天皇(在位:反正天皇元年1月2日 - 同5年1月23日)。

反正天皇

在位期間
反正天皇元年1月2日 - 同5年1月23日
時代 古墳時代
先代 履中天皇
次代 允恭天皇

陵所 百舌鳥耳原北陵
漢風諡号 反正天皇
和風諡号 多遅比瑞歯別天皇
瑞歯別
別称 多遅比瑞歯別尊
水歯別命
父親 仁徳天皇
母親 葛城磐之媛
夫人 津野媛
弟媛
子女 香火姫皇女
円皇女
財皇女
高部皇子
テンプレートを表示

目次

略歴編集

仁徳天皇の第三皇子。母は葛城襲津彦の女・皇后磐之媛命(いわのひめのみこと)。履中天皇住吉仲皇子の同母弟、允恭天皇の同母兄に当たる。仁徳天皇87年、父仁徳天皇の崩後、叛乱を起こした同母兄の住吉仲皇子をその近習である曽婆訶理隼人)を利用して誅殺した。履中天皇2年1月4日に立太子皇太弟)。同6年3月15日に履中天皇が崩御し、翌反正天皇元年1月に即位。兄弟継承はここに始まる。同年8月6日、共に和珥木事の娘である和珥津野媛皇夫人に、和珥弟媛を妃に立てる。同母兄弟の2天皇と異なり皇族の妻を娶ることはなく、子孫が即位することもなかった。10月に河内丹比を都とする。天下太平であり、何事もなく在位5年。反正天皇5年1月に皇太子を立てないまま崩御。後を弟の雄朝津間稚子宿禰尊が継いだ(允恭天皇)。

編集

  • 瑞歯別天皇(みずはわけのすめらみこと) - 『日本書紀』、和風諡号
  • 瑞歯別皇子(みずはわけのみこ) - 『日本書紀』、和風諡号
  • 水歯別命(みずわはけのみこと) - 『古事記
  • 多遅比瑞歯別尊(たじひのみずはわけのみこと) - 『古事記

漢風諡号である「反正天皇」は、代々の天皇と同様、奈良時代に淡海三船によって撰進された。

事績編集

淡路宮(不詳、淡路島?)で生まれ容姿美麗であった。生まれながらにして綺麗な並びであったので「瑞歯別」の名があるという。『古事記』によれば身長は92半(約3.04m)、水歯別命の名は歯の長さが1寸広さ(厚さ)は2分(4ミリ)で上下等しく整っており、歯を褒め称えて「水歯」と名付けられたことによる。

後に反正天皇となる瑞歯別皇子が史書で具体的に登場するのは父の大鷦鷯天皇(仁徳天皇)が崩御した直後である。このとき次兄の住吉仲皇子が自分を長兄の太子去来穂別尊だと偽ってその婚約者である葛城黒媛(羽田矢代宿禰の娘、葦田宿禰の娘の2説あり。履中5年に神の祟りで急死?)とまぐわう事件が起きた。これを知られた住吉仲皇子は反乱を企てて太子の宮殿に火を放ち、太子は命からがら石上神宮に逃げ延びた。それを知った瑞歯別皇子は太子を助けるためにかけつけた。しかし太子は命を狙われ疑心暗鬼となっており、住吉仲皇子を誅殺してくるまでは会わないと言われてしまった。

そこで瑞歯別皇子は住吉仲皇子のいる難波へと向かい、住吉仲皇子の側近で隼人刺領巾(さしひれ)(『古事記』では曽婆訶理(そばかり))へ大臣の位を餌として暗殺を唆した。これを真に受けた刺領巾は厠に入っている住吉仲皇子を矛で刺し殺した(従って本人は直接手は下していない)。任務を成功させたとはいえ、刺領巾(さしひれ)の行為は義にもとるものだった。そこでねぎらいの酒を酌み交わし刺領巾の頭が大きな杯で覆われた隙に剣で首を切り落としてしまった。

こうして去来穂別尊履中天皇)の即位が確定し、瑞歯別皇子自身は太子となった。兄が在位6年で崩御したのち即位。在位5年で崩御。事績はなく後継者も指名しないままだった。『古事記』『水鏡』に60歳。『古事記』に従えば、崩御した「丁丑年七月」は西暦437年に相当。生年は逆算して、兄履中天皇より9歳年下の西暦378年に相当するが、定かではない。

系譜編集

 
 
 
 
 
 
豊城入彦命
 
毛野氏族]
 
 
 
 
 
10 崇神天皇
 
 
11 垂仁天皇
 
12 景行天皇
 
日本武尊
 
14 仲哀天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
倭姫命
 
 
13 成務天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 彦坐王
 
丹波道主命
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 山代之大
筒木真若王
 
迦邇米雷王
 
 息長宿禰王
 
神功皇后
(仲哀皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
15 応神天皇
 
16 仁徳天皇
 
17 履中天皇
 
市辺押磐皇子
 
飯豊青皇女
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18 反正天皇
 
 
 
 
 
 
24 仁賢天皇
 
手白香皇女
(継体皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
菟道稚郎子皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
23 顕宗天皇
 
 
25 武烈天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19 允恭天皇
 
木梨軽皇子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20 安康天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
21 雄略天皇
 
22 清寧天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
春日大娘皇女
(仁賢皇后)
 
 
 
 
 
 
 
 
稚野毛
二派皇子
 
 意富富杼王
 
 乎非王
 
彦主人王
 
26 継体天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
忍坂大中姫
(允恭皇后)
 
 


后妃・皇子女編集

  • 皇夫人:津野媛(つのひめ。大宅臣の祖和珥木事の女)
    • 香火姫皇女(かいひめのひめみこ、甲斐郎女)
    • 円皇女(つぶらのひめみこ)
  • :弟媛(おとひめ。津野媛の妹)
    • 財皇女(たからのひめみこ、古事記に財王で男性)
    • 高部皇子(たかべのみこ、古事記に多訶弁郎女で女性)

なお、「皇夫人」と称されたのは史上津野媛ただ一人である(「皇太夫人」とは異なる)。皇后を立てなかったのは、成務天皇に次いで史上2人目。

年譜編集

『日本書紀』の伝えるところによれば、以下のとおりである[1]。『日本書紀』に記述される在位を機械的に西暦に置き換えた年代については「上古天皇の在位年と西暦対照表の一覧」を参照。

  • 仁徳天皇39年?
    •  誕生
  • 仁徳天皇87年
  • 履中天皇2年
  • 反正天皇元年
    • 1月、即位。
    • 8月、津野姫(大宅臣祖・木事の娘)を皇夫人とする
    • 10月、丹比柴籬宮に遷都
  • 反正天皇5年
    • 1月23日、崩御
  • 允恭天皇5年
    • 11月、百舌鳥耳原陵に葬られる

皇居編集

都の名は丹比柴籬宮(たじひのしばかきのみや)。大阪府松原市上田七丁目の柴籬神社が伝承地

陵・霊廟編集

(みささぎ)の名は百舌鳥耳原北陵(もずのみみはらのきたのみささぎ)。宮内庁により大阪府堺市堺区北三国ヶ丘町2丁にある遺跡名「田出井山古墳」に治定されている。宮内庁上の形式は前方後円。墳丘長148メートルの前方後円墳である。上記とは別に宮内庁から大阪府堺市北区百舌鳥西之町にある遺跡名「土師ニサンザイ古墳」が東百舌鳥陵墓参考地(ひがしもずりょうぼさんこうち)として反正天皇の空墓に想定されている[2]

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

考証編集

宋書』・『梁書』に記される「倭の五王」のうち(彌)に比定する説が有力視される[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀(二)』岩波書店 ISBN 9784003000427
  2. ^ 外池昇『事典陵墓参考地 もうひとつの天皇陵』(吉川弘文館、2005年)pp. 49-52。
  3. ^ 反正天皇(国史).

参考文献編集

外部リンク編集