メインメニューを開く

九條 今日子(くじょう きょうこ、1935年10月22日 - 2014年4月30日[1])は、日本女優、演劇、映画プロデューサー。東京都麻布出身。女優時代の芸名は九条映子(九條映子)。本名は寺山 映子(てらやま えいこ)。1963年から1970年まで寺山修司と婚姻関係にあった。

くじょう きょうこ
九條今日子
本名 寺山 映子(てらやま えいこ)
別名義 九条映子
九條映子
生年月日 (1935-10-22) 1935年10月22日
没年月日 (2014-04-30) 2014年4月30日(78歳没)
出生地 日本の旗日本東京府東京市麻布[1]
職業 女優、演劇・映画プロデューサー
テンプレートを表示

人物編集

  • 三輪田学園中学校・高等学校卒業後、九条映子の名で松竹歌劇団の舞台でデビュー。その後、松竹映画に移り、野村芳太郎監督の映画『黄色いさくらんぼ』(1960年)などに出演した[1]
  • 1963年4月寺山修司と結婚、引退。主婦業中心の生活となり、しばらく芸能界から遠ざかる[2][3]
  • 1967年に寺山修司、横尾忠則らが「演劇実験室・天井桟敷」を創立し、九條は製作を担当。また、映画の製作も行った[1]
  • 1970年に寺山と離婚した(但し、寺山の姓のまま)。1983年に寺山が死去した後は、寺山作品の著作権管理を担当し、全国各地で講演を行った。近年では2009年弘前学院大学で講演を行った。
  • 有限会社テラヤマ・ワールドの代表取締役を務めた。
  • 三沢市寺山修司記念館名誉館長。三沢市観光大使。
  • 2014年4月30日、肝硬変による食道静脈瘤破裂のため東京都内の自宅で死去[4]。78歳没。

映画編集

著書編集

  • 回想・寺山修司 百年たったら帰っておいで (角川文庫)
  • ムッシュウ・寺山修司(ちくま文庫)
  • 寺山修司・斎藤慎爾の世界―永遠のアドレッセンス

ほか

出典編集

  1. ^ a b c d 九條今日子 死去のお知らせ 三沢市寺山修司記念館
  2. ^ 九條今日子『寺山修司のラブレター』KADOKAWA、2015年4月30日、61頁。ISBN 978-4-04-102831-5
  3. ^ “プロデューサー・九條映子”. 天井桟敷新聞: p. 2. (1967年8月1日) 
  4. ^ 演劇・映画プロデューサーの九條今日子さんが死去 寺山修司の元妻

外部リンク編集