メインメニューを開く

九条 道弘(くじょう みちひろ、1933年昭和8年)12月13日[1] - 2017年平成29年)9月16日[2])は、日本の神職平安神宮名誉宮司。

摂家の一つ、元公爵九条家の第35代当主[3]。子に九条道成。第125代天皇明仁(現・上皇)は再従弟にあたり、自身の誕生から10日後に誕生している。

人物編集

1933年東京府で公爵・九条道秀の長男として生まれる[1]学習院初等科学習院中等科学習院高等科を経て、関西学院大学文学部卒業[4]文化放送勤務[5]

1973年神職に就く[4]平安神宮第14代宮司[4]1991年 - 2017年4月[6])。2002年神職身分特級(神職身分の最高位)[7]。藤裔会会長。

平安神宮宮司在任中の1994年には、平安神宮鎮座百年祭を執り行った。2010年に、平安神宮大極殿、蒼龍楼、應天門などが重要文化財に指定されている[8][9][10]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『平成新修旧華族家系大成』上巻、537-538頁。
  2. ^ “平安神宮の九條名誉宮司が死去 天皇陛下のまたいとこ”. 朝日新聞. (2017年9月17日). http://www.asahi.com/sp/articles/ASK9J6KMZK9JPLZB006.html 2017年9月17日閲覧。 
  3. ^ “平安神宮名誉宮司、九條道弘氏死去”. 産経WEST. (2017年9月17日). http://www.sankei.com/west/news/170917/wst1709170023-n1.html 2017年9月18日閲覧。 
  4. ^ a b c “九條道弘氏死去 前平安神宮宮司、旧五摂家35代目当主”. 京都新聞. (2017年9月17日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170917000046 2017年9月18日閲覧。 
  5. ^ 松崎敏弥「天皇家をささえた華族」(『歴史読本』1998年11月号54頁、新人物往来社
  6. ^ “訃報 九條道弘さん83歳=平安神宮名誉宮司”. 毎日新聞. (2017年9月17日). https://mainichi.jp/articles/20170918/k00/00m/040/015000c 2017年9月18日閲覧。 
  7. ^ わび茶の成立 - 茶の湯 こころと美 表千家
  8. ^ 平安神宮 大極殿 へいあんじんぐう だいごくでん - 文化遺産オンライン
  9. ^ 平安神宮 蒼龍楼 へいあんじんぐう そうりゅうろう - 文化遺産オンライン
  10. ^ 平安神宮 應天門 へいあんじんぐう おうてんもん - 文化遺産オンライン

参考文献編集

サイト

関連項目編集