メインメニューを開く

亀山公園(かめやまこうえん)は、山口県山口市にある都市公園(総合公園)。亀山にある「山頂広場」と、山口県立山口図書館に隣接する「ふれあい広場(新亀山公園)」の2か所に分かれて構成されている。

亀山公園
Yamaguchi Kameyama Park.jpg
亀山公園(山頂広場)の入口
亀山公園 (山口市)の位置(山口県内)
亀山公園 (山口市)
分類 都市公園(総合公園)
所在地
座標 北緯34度10分52.2秒 東経131度28分27秒 / 北緯34.181167度 東経131.47417度 / 34.181167; 131.47417座標: 北緯34度10分52.2秒 東経131度28分27秒 / 北緯34.181167度 東経131.47417度 / 34.181167; 131.47417
面積 7.9ha
運営者 山口市
事務所 亀山公園管理事務所
事務所所在地 山口市中河原73-1
公式サイト 山口市のサイト
テンプレートを表示

概要編集

 
山頂広場にある毛利敬親騎馬像

毛利秀元慶長元年(1596年)から築城しようとしていたが、途中で断念した長山城跡を、1900年明治33年)に公園として整備。亀山という名称は、山の形がの甲羅に似ていることに由来する。亀山の東側にはパークロード(県道203号)が走り、山口県庁山口県立美術館など官公庁や文化施設が集中して立地する場所となっている。また、パークロードを中心とした付近一帯は、一つの大きな公園のような空間を形成しており、亀山公園はその一角をなす。現在は、財団法人山口県施設管理財団により管理される。山口市から萩往還を経てまで行くときの出発点としてもよく利用される。

周辺編集

外部リンク編集