メインメニューを開く

二丁目お茶の間劇場』(にちょうめおちゃのまげきじょう)は2014年3月31日からRKB毎日放送RKBラジオ)で放送されているワイド番組である。放送開始当初は月曜日の夜に放送されていたが、2016年春の改編より午後の帯番組へと移行。2017年春に夜の番組に戻った。

二丁目お茶の間劇場
ジャンル ワイド番組
放送方式 生放送
放送期間 2014年3月31日 -
放送時間 月曜日 17:48 - 21:00
放送局 RKBラジオ
パーソナリティ 坂口卓司
富永倫子
中上真亜子
加藤淳也
出演 堀加寿美
橋詰京美
テーマ曲 スペクトラム「ミーチャン Going to the Hoikuen」
公式サイト 公式サイト
特記事項:
2016年4月 - 2017年3月は平日午後の放送だった。
テンプレートを表示

番組概要編集

パーソナリティー2人がリスナーからのメッセージ等をもとにお茶の間での世間話のようなトークを展開する番組。メインパーソナリティの坂口卓司は「坂口卓司のラジコミ。」が終了した2006年9月以来、7年半ぶりにレギュラー番組を持つことになった。

放送開始より2017年9月までは坂口と富永倫子の2人が担当してきたが、2017年10月の改編より半年間、金曜日担当として中上真亜子加藤淳也がパーソナリティに加わる[1]。2018年春からは坂口・富永の2人体制に戻るも、月曜日の夜・日曜日の午前という週2回の放送になる[2]。2019年春改編では「アサラジ!」の開始に伴い再び週1回の放送に。

放送時間編集

過去の放送時間編集

いずれもJST。

パーソナリティ編集

過去のパーソナリティ編集

コーナー編集

現在放送中のコーナー編集

過去に放送していたコーナー編集

日曜日編集

エピソード編集

  • 2017年1月23日の放送は坂口が体調不良、富永がインフルエンザに感染したためレギュラーパーソナリティーが2人とも欠席する事態になり、竹下と西田たかのりが代理出演した(その前の木曜と金曜(19日、20日)も二人とも休んでおり、その際は竹下と加藤が代理を務めた)。なお、この日はディレクターアシスタントディレクターもインフルエンザのため欠席していた[4]。なお、富永は翌日から復帰したが、坂口の方は、実際は重症で、手術を要す状態であったことからしばらく番組を休み、復帰したのは、3月30日であった。

脚注編集

外部リンク編集


RKBラジオ 月曜夜のワイド番組
前番組 番組名 次番組
二丁目お茶の間劇場
(18:00 - 20:45)
二丁目お茶の間劇場
(18:00 - 20:00)
仲谷一志のトンガリキック!!
(20:00 - 20:45)
RKBラジオ 月曜夜のワイド番組
二丁目お茶の間劇場
(18:00 - 20:45)
二丁目お茶の間劇場
(18:00 - 20:00)
仲谷一志のトンガリキック!!
(20:00 - 20:45)
コーポももちはま
(18:00 - 20:45)
※放送枠移動
RKBラジオ 平日午後のワイド番組
二丁目お茶の間劇場
(12:00 - 15:00)
米岡誠一・仲谷一志の午後のブルドッグ
(15:00 - 16:30)
米岡誠一・仲谷一志の午後のブルドッグ
(13:00 - 16:00)
※放送枠拡大
RKBラジオ 月曜夜のワイド番組
二丁目お茶の間劇場
(18:00 - 19:45)
吉田類の博多ほろ酔い日記
(19:45 - 20:00)
※放送枠移動
二丁目お茶の間劇場
(18:00 - 20:00)
RKBラジオ 月曜 18:00 - 20:00
二丁目お茶の間劇場
(18:00 - 19:45)
吉田類の博多ほろ酔い日記
(19:45 - 20:00)
二丁目お茶の間劇場
-
RKBラジオ ナイターオフ 火曜 - 木曜 18:00 - 20:00
ホークス花の応援団
(18:00 - 19:30)
コーポももちはま
(19:30 - 22:00)
二丁目お茶の間劇場
RKBラジオ ナイターオフ 金曜 18:00 - 20:00
ホークス花の応援団
(18:00 - 19:30)
コーポももちはま
(19:30 - 22:00)
二丁目お茶の間劇場
RKBラジオ 日曜日 9:45 - 13:00
二丁目お茶の間劇場
RKBラジオ 月曜日 17:00 - 18:00
鬼スポ 花の応援団!
(17:00 - 18:00)
※放送枠縮小
二丁目お茶の間劇場
-
RKBラジオ 月曜日 20:00 - 20:30
二丁目お茶の間劇場
(17:00 - 20:15)
冨永ボンド アートレディオ
(20:15 - 20:30)
-