メインメニューを開く
五十嵐 孝司(GDC2007講演時[1]

五十嵐 孝司(いがらし こうじ、1968年3月17日 -)はゲームデザイナー。株式会社ArtPlay代表取締役プロデューサー。IGAと名乗っている[2]

経歴編集

1990年コナミ入社。PCエンジン用ゲームソフトの開発等を経て、1994年に大ヒット作となった『ときめきメモリアル』の開発に携わったのち、2001年の『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』(移植作品)からは同シリーズのプロデューサーとなり(オリジナル作品は翌年の『キャッスルヴァニア 白夜の協奏曲』から)、以降同シリーズやその他のコナミのゲームに関わる。 2014年3月15日に新たな開発スタジオを開くためにコナミを退社[3]。同年9月、株式会社ArtPlayの立ち上げに関わる[4]

作品編集

コナミ制作作品
その他制作作品

脚注編集

外部リンク編集