メインメニューを開く
獅子岳からの五色ヶ原

五色ヶ原(ごしきがはら)は、立山から薬師岳に続く立山連峰の途中にある台地

概要編集

五色ヶ原の標高はおよそ2,500 mである。太古の昔、立山火山弥陀ヶ原火山)の噴火により流れ出した溶岩によって形成されたといわれる。北西側は立山カルデラとなって落ち込んでいる。カルデラ壁に鷲岳鳶山といったがある。一帯には、高山植物が咲く。

五色ヶ原は、立山(一の越、ザラ峠)方面から薬師岳へ至る南北方向へ伸びる登山道上にあり、また五色ヶ原から東方へ黒部湖(平ノ渡場)へ至る登山道も存在する。アクセスはこれは登山道を利用することとなる。

周辺の山小屋編集

近隣の山編集

関連項目編集

外部リンク編集