メインメニューを開く

野原 四郎(のはら しろう、1903年9月5日 - 1981年1月3日)は、東洋史学者。専攻は中国近現代史。

来歴編集

北海道札幌市生まれ。浦和高校を経て、1930年東京帝国大学東洋史学科卒。史学会委員、駒澤大学講師などを経て、1938年回教圏研究所研究員。戦後の1946年中国研究所が設立されると常勤研究員。また、1957年から10年間、雑誌「歴史評論」編集長も務める。1960年、1962年現代中国学会代表幹事。1966 - 73年専修大学教授。

太平天国の乱義和団の乱西安事件などの研究に大きな功績を残した。 主著に「アジアの歴史と思想」「中国革命と大日本帝国」、訳書にロジェ・ガロディ「現代中国とマルクス主義」など。 また、イスラーム学・日本近代思想史の分野においても優れた論考がある。

著書編集

  • アジアの歴史と思想(1966年、弘文堂
  • 中国革命と大日本帝国(1978年、研文出版)
  • 歴史への視点(1982年、研文出版)

共著編集

訳書編集

  • 支那封建社会史(陶希聖、1931年、四海書房)
  • 中国古代の思想家たち(郭沫若、1953年、佐藤武敏,上原淳道共訳、岩波書店
  • 延安(ガンサー・スタイン、1962年、共訳、みすず書房
  • わが半生―溥儀自伝(1965年、監修・共訳、大安書房)
  • 現代中国とマルクス主義(ロジェ・ガロディ、1970年、大修館)
  • 中国近代史(復旦大学歴史系,上海師範大学歴史系編著、小島晋治と監訳、1981年、三省堂)
  • 中国 人民教育出版社中小学通用教材歴史編写組編著 斎藤秋男共編訳 ほるぷ出版 1981.11 世界の教科書 歴史