メインメニューを開く

井上 正春(いのうえ まさはる)は、江戸時代後期の大名老中陸奥棚倉藩主、上野館林藩主、遠江浜松藩主。浜松藩井上家9代。

 
井上正春
時代 江戸時代後期
生誕 文化3年10月5日1805年11月25日
死没 弘化4年2月12日1847年3月28日
墓所 東京都文京区向丘の浄心寺
官位 従四位下、侍従河内守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶
陸奥棚倉藩主→上野館林藩主→遠江浜松藩
氏族 井上氏
父母 井上正甫
兄弟 正春正民正兼土井利善
正室:阿部正精の娘
継室:松平忠学の養女松平忠徳の娘
継々室:秋田孝季の娘
正直最上義連正信、娘(水野忠精正室)、松(松平忠恕正室)、娘(脇坂安斐正室)、娘(前田利平正室)

目次

生涯編集

文化3年(1805年)、浜松藩主・井上正甫の長男として生まれるが、正甫の醜聞(江戸郊外にて、通りすがりの農家の妻を押し倒し、それを見て天秤棒で殴りかかった夫の腕を切り落とした)が原因で、井上家は文化14年(1817年)に陸奥棚倉藩へ懲罰的に移封されてしまう。棚倉藩主小笠原長昌は九州の肥前国唐津藩に転封となり、浜松にはそれまでの唐津藩から江戸に近い位置への転封を目論んでいた水野忠邦が代わって入り、以降幕閣で出世していくこととなる[1]三方領知替え)。

文政3年(1820年)に家督を相続[2]。幕府においては奏者番寺社奉行大坂城代を手堅く務める。

天保7年(1836年)、仙石騒動竹島事件が原因で老中であった石見国浜田藩松平康任が永蟄居を命じられ、家督を継いだ次男の松平康爵が浜田から陸奥棚倉に懲罰転封とされ、上野国館林藩松平武厚が浜田へ、棚倉藩の正春が上野館林藩に入る[3](三方領知替え)。

天保11年(1840年)、西の丸老中老中に任じられるが、天保13年(1843年)に辞任した。

浜松への復帰編集

弘化2年(1845年)、天保の改革に関する政治抗争により、浜松藩主で老中首座の水野忠邦は減封および強制隠居・謹慎が命じられた上、子の忠精と共に懲罰的に出羽山形に左遷された。これにより、山形藩の秋元志朝が上野国館林藩へ移封、館林の正春が浜松に移封する(三方領知替え)。父・正甫の醜聞以来28年ぶりに、井上家が浜松に復帰した。

この転封に際して水野家は、領民にした借金を返さないまま山形へ行こうとしたために領民が怒り、大規模な一揆を起こした。一揆は新領主の井上家が調停して鎮めた。

旧領復帰が叶った井上家ではあるが、舘林からの転封に関しては治水工事の負担と財政悪化の負担を高税率で領民に押し付け、農民の逃散を多数発生させたための懲罰である、とする説もある。

浜松藩主として編集

館林から浜松への復帰は、副産物を浜松領民にもたらした。館林は関東における繊維流通の代表的な地域で、井上家が浜松藩に復帰すると浜松の名産・遠州木綿に先進地館林の機織技術が加わり、笠井綿加西綿)として飛躍的な発展を遂げたのである。浜松木綿だけではなく、綿糸を利用した浜松織物の生産も順調に拡大した。また、藩校克明館を設置し、藩士の教育にも力を注いだ。

浜松復帰の2年後の弘化4年(1847年)死去。享年43。

経歴編集

脚注編集

  1. ^ 唐津藩の義務である長崎見廻役を嫌って幕閣中枢入りを熱望した水野忠邦が「実高が減少する」とする藩内の反対を押し切り、各方面に贈賄した結果、実現させたとされる。
  2. ^ 父の正甫は病気を理由に江戸に留まり、棚倉へは一度も行っていない。また、正春より長く安政5年(1858年)まで生きている。
  3. ^ 松平武厚の養子松平斉良は第11代将軍徳川家斉の実子であるため、松平康任の不手際に乗じて館林よりも豊かな浜田を斉良に与えようとした側面もある。ただし、斉良は藩主を継ぐことなく没している。

関連項目編集

  • 三方領知替え - 館林移封、浜松移封、さらに父の代の棚倉移封とも三方領知替えである。