メインメニューを開く

井上輝夫

井上 輝夫(いのうえ てるお、1940年1月1日[1] - 2015年8月25日)は、日本のフランス文学者詩人慶應義塾大学名誉教授。

兵庫県西宮市夙川生まれ。慶應義塾大学文学部仏文学科卒。同大学院を経て、ニース大学で博士号取得。慶大経済学部教授を経て、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の新設に参画し、1990年同キャンパス総合政策学部教授、外国学校校長、ニューヨーク高校校長を歴任し、2005年定年、名誉教授、中部大学教授。2010年退職[2]。1961年会田千衣子岡田隆彦吉増剛造鈴木伸治とともに詩誌「ドラムカン」を創刊、詩人として活動した。西欧文化のみならず、アラブ文化・イスラームに敏感な横顔もあった[3]

2015年8月25日、特発性肺線維症のため死去[4]。75歳没。

目次

著書編集

  • Une poetique de l’ivresse chez Charles Baudelaire : ; essai d’analyse d’apres Les paradis artificiels et Les fleurs du mal.France Tosho, 1977
  • 『夢と抒情と』思潮社 1979
  • 『冬ふみわけて』ミッドナイト・プレス 2005
  • 『詩想の泉をもとめて ケンブリッジ、ニューヨーク、福江島まで』慶應義塾大学出版会 2011

共編著編集

  • ユトリロと古きよきパリ』横江文憲熊瀬川紀共著 新潮社 とんぼの本 1985
  • 『メディアが変わる知が変わる ネットワーク環境と知のコラボレーション』梅垣理郎共編 有斐閣 1998

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『文藝年鑑』2008年
  2. ^ 『詩想の泉をもとめて』著者紹介
  3. ^ 【Review】ドキュメンタリーが示す新たな井筒俊彦とその可能性 text 吉田悠樹彦 | neoneo web” (日本語). webneo.org. 2018年9月4日閲覧。
  4. ^ 詩人・仏文学者の井上輝夫さん死去 朝日新聞 2015年8月27日