メインメニューを開く

鼓直

日本のラテンアメリカ文学者、翻訳家

鼓 直(つづみ ただし、1930年1月26日 - 2019年4月2日[1])は、ラテンアメリカ文学の研究者、翻訳家。法政大学名誉教授。

人物編集

岡山県生まれ。少年時代を朝鮮半島馬山で過ごす。東京外事専門学校イスパニヤ語学科(現在の東京外国語大学スペイン語科)で会田由に師事。1951年に卒業した後、大阪のメーカーに会社員として7年間勤務。龍谷大学講師、神戸市外国語大学助教授、神奈川大学助教授を経て、1974年法政大学教授。2000年退職。2009年秋、瑞宝中綬章受章。2019年4月2日死去。

スペイン語専攻だが、ミゲル・アンヘル・アストゥリアスの長篇小説『緑の法王』の翻訳を皮切りに早くからラテンアメリカの新しい文学の翻訳に携わり、1970年代のラテンアメリカ小説ブームを支えた一人である。ガブリエル・ガルシア=マルケス百年の孤独』、ホルヘ・ルイス・ボルヘス伝奇集』など、重要な作品は鼓が訳しており、第一人者である。

著書編集

  • 『ラテンアメリカの小説の世界 想像力の目眩』 北宋社 2000

翻訳編集

編纂編集

  • 『プログレッシブスペイン語辞典』 小学館 1994

脚注編集