井坂孝

井坂 孝(いさか たかし、1870年1月9日(明治2年12月8日[1])- 1949年昭和24年)6月19日[1])は、日本の実業家政治家貴族院勅選議員枢密顧問官

経歴編集

常陸国茨城郡水戸(現茨城県水戸市)で水戸藩士・井坂幹の三男として生まれる[1]茨城県尋常中学校第一高等学校を経て、1896年7月、東京帝国大学法科大学を卒業し、東洋汽船会社に入社[1]

以後、東洋汽船会社取締役兼営業部長、横浜海上火災保険 (株) 専務取締役、同社長を務めた[1][2]。経営破綻した七十四銀行の整理を行い、受け皿となる横浜興信銀行を設立し、副頭取、頭取を務めた[1][3]1921年4月、横浜商業会議所会頭に就任し関東大震災の復興に尽力した[1][3]。その後、横浜取引所理事長、東京瓦斯 (株) 社長、三井銀行取締役、日本工業倶楽部理事長、日本経済連盟会会長、日本証券取引所総裁などを歴任した[1]

この他大日本産業報国会審議員[4]大政翼賛会総務[5]を務めた。

1944年11月1日、貴族院勅選議員に任じられ、1945年11月24日まで在任[1][2][6]。同年11月20日に枢密顧問官となり、1946年6月13日に依願免本官となり[1][7]公職追放となった[8]。この間、鉄道運賃審議会会長、大蔵省顧問、終戦連絡中央事務局参与などを務めた[2][6]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 『日本近現代人物履歴事典』37頁。
  2. ^ a b c 『国立公文書館所蔵 枢密院高等官履歴 第7巻』159-166頁。
  3. ^ a b 『20世紀日本人名事典 あ-せ』168頁。
  4. ^ 『朝日新聞』1940年11月24日朝刊一面。「大日本産業報国会役員一覧」
  5. ^ 『大衆人事録』第14版「東京篇」50頁、 昭和17年、帝国秘密探偵社。
  6. ^ a b 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員』93頁。
  7. ^ 『官報』第5829号、昭和21年6月21日。
  8. ^ 公職追放の該当事項は「翼賛総務」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年164頁。NDLJP:1276156 

参考資料編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『国立公文書館所蔵 枢密院高等官履歴 第7巻』東京大学出版会、1997年。ISBN 4130987178
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。
  • 『20世紀日本人名事典 あ-せ』日外アソシエーツ、2004年。