メインメニューを開く

井手 正敬(いで まさたか、1935年4月3日 - )は、日本の実業家西日本旅客鉄道(JR西日本)社長・会長を歴任。内閣法制局第一部長や文部次官を務めた井手成三は父。

人物編集

福井県小浜市生まれ。旧制小浜中学校を経て、東京大学経済学部卒業後、日本国有鉄道(国鉄)入社。葛西敬之松田昌士とともに「国鉄改革3人組」と称され、国鉄の分割民営化に尽力した。

1992年平成4年)にJR西日本社長就任[1]ワンマン経営者として知られ[2]、社長・会長を11年務め、JR西日本は「井手商会(商店)」と呼ばれるほどであった[3][4]。また、そのワンマン振りから社内では「(井手)天皇」というあだ名でも恐れられていた[5]。第5代社長の山崎正夫などからも恐れられる存在であったが、JR福知山線脱線事故後、収益重視の「儲け体質」が安全軽視につながった、との批判を浴び、またJR西日本の負の部分であるイジメとも言われる日勤教育の実態が暴露されたことにより引責辞任。辞任後、JR西日本子会社の幹部に天下りしていたことが発覚し、脱線事故の遺族から猛非難を浴びている[6]。また、JR福知山線脱線事故の遺族との面会を避けている[7]

2009年(平成21年)10月22日神戸第1検察審査会は、井手を起訴すべきだとする「起訴相当」を議決した[8]2010年4月23日JR福知山線脱線事故から(公訴時効である)5年を前に、在宅起訴された[9]。同日起訴された歴代社長である南谷昌二郎垣内剛は陳謝したが、井手は黙秘を続けている[10]

経歴編集

  • 1959年 - 東京大学経済学部卒業後、日本国有鉄道に入社。
  • 1984年 - 東京西鉄道管理局長就任。
  • 1985年 - 総裁室審議役兼経営計画室審議役、再建実施推進本部事務局長に就任。
  • 1987年 - JR西日本代表取締役副社長就任。
  • 1992年6月24日 - 同社代表取締役社長就任[1]
  • 1997年4月1日 - 同社代表取締役会長就任[1]
  • 2003年 - 同社取締役相談役就任。
  • 2006年6月 - JR福知山線脱線事故の責任を取って相談役を退任。
  • 2006年8月 - ジェイアール西日本コミュニケーションズ顧問就任。
  • 2009年7月 - 顧問契約解除。
    • 横綱審議委員会委員、京大経営協議会委員、財団法人大阪体育協会会長、財団法人IAAF世界陸上2007大阪大会組織委員会理事、財団法人日本美術協会理事、関西東大会会長も務めた。
    • 当初、三洋電機の社外取締役に内定していたが、上記事故のため辞退している。
  • 2009年10月23日 - 神戸第1検察審査会は、井手を起訴すべきだとする「起訴相当」を議決。
  • 2009年12月4日 - 不起訴となるが、検察審査会が自動的に再審査に入る[11]
  • 2010年3月26日 - 神戸第一検察審査会が再び起訴相当と議決したため、強制的な起訴が決まった。
  • 2010年4月23日 - 在宅強制起訴される。

脚注編集