メインメニューを開く

井野川 潔(いのかわ きよし、1909年5月15日 - 1995年12月21日)は、日本評論家、教育運動家。本名は早船斌男(よしお)。妻は早船ちよ

来歴編集

埼玉県川口市出身。埼玉師範学校卒業[1]小学校教師となる。

1931年退職し、郷土社で『綴方生活』などを編集。新興教育研究所に属し左翼教育運動を行い、弾圧を受ける。1934年早船ちよと結婚、共に浦和市(現・さいたま市)で児童文化運動にかかわる[2]。戦時中科学工業新聞社、朝日映画社に勤務[1]

戦後は教育運動史研究会を運営、新作家協会・児童文化の会の創立に参画し、『新作家』『子ども世界』などを主宰した。また、『新興教育』『綴方生活』の復刻や出版に努めた。1977年生活綴方研究会を創設、教育運動史研究の隆盛に貢献した[1]

著書編集

  • 『世界の産業革命福村書店 1955 少年少女文庫
  • 紡績蒸気機関 産業革命から原子力へ 1』福村書店 1957
  • アインシュタイン 現代科学の父』滝平二郎岩崎書店 1958 少国民の偉人物語文庫
  • 汽車鉄鋼 産業革命から原子力へ2』福村書店 1958
  • 『私たちの将来・私たちの職業 20 化学工業』三十書房 1959
  • 『論争・教育運動史』草土文化 1981
  • 『物語教師の歴史』あゆみ出版 1982
  • 『技術の歴史 産業革命から原子力へ』全5巻 けやき書房 1984
  • 『クルップ 鉄鋼 井野川潔の技術の歴史 産業革命から原子力へ』けやき書房 1987

共編著編集

追悼文集編集

  • 『井野川潔教育と文学に生きる 早船ちよとともに』井野川潔遺稿・追悼集刊行委員会 1998

参考編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 井野川 潔 イノカワ キヨシ 20世紀日本人名事典
  2. ^ 早船ちよ はやふね-ちよ デジタル版 日本人名大辞典+Plus